新規エントリーする時は「自分なりの明確な根拠」を持って参加するべきである

日経225先物においてトレードするのであれば、新規エントリーする前に、自分なりの明確な根拠を持って参加しなければなりません。

ちなみにそれが正解であったかどうかは別になります。

結果的に予測した方向が合っていたのであれば正解なのです。

つまりそれなりの自信を持つことが大切です。買おうか売ろうか?嗚呼どうしようかな?なんて優柔不断に迷っている時点では、新規エントリーすることを避けたほうが良いでしょう。

しかし時には冷静な判断も必要になります。行動には自信があっても思考は冷静である。もっとも理想的なトレード思考です。でも本番になると思うようなトレードができないのが現状です。

なぜかというと相場の世界というのは、あまりにも大きすぎて全てを明確に把握する事ができない市場だからです。

つまり全てを知ろうとする完璧主義者は基本的に相場に向いていません。むしろ相場に呑まれてしまい資金をどんどん減らしてしまう可能性の方が高いです。

自分の性格的分析をおこなう

相場の癖や特徴を研究する前にまず、自分自身の「性格」がどのようなモノであるかを把握するべきでしょう。

・自分は温厚なのか?短気なのか?せっかちなのか?
・自分はお金に対する執着が強いのか?そうでもないのか?
・自分のトレード歴は初心者なのか?上級者なのか?

もしも損失を出し続けているようであれば、テクニカル分析を研究する前に根本的な性格を改めるべきでしょう。

ちなみに、ここでの「性格」については相場に向いているかどうかの判断であって、性格が良いか?悪いか?の判断をすると言っているのではありません。

相場に対しての適合性や状況判断があるかどうか?損失回避するために損切りの重要性を把握しているかどうか?同じ失敗をなるべく避けているかどうか?など。

答えは相場チャートの中にある

相場で疑問に思う事があれば、すべての答えは相場の中から導き出されます。どうして上昇するのか?どうして下落するのか?と考えていては結果論しか導き出されません。

・上昇するから買う  推測する
・下落するから売る  推測する
・停滞なら見極める  推測する

すべて推測から成り立っているわけです。その根拠を明確にするために、過去のチャートやテクニカル分析などを使って研究や検証をするわけです。

そして徹底して専門的なトレーダーを目指すべきです。ちなみに専業でお仕事をされている方も多いでしょう。むしろ副業的に売買している個人投資家の方が多いかもしれません。

もちろん構いません。ここでの「専門家」になるというのは日経225先物を売買している時間帯や考えている時などは、思考を一転させて行動しましょうと言っているのです。

真剣に取り組んでいるのであればプロフェッショナルにならなければなりません。あなたはこの市場が好きでしょうか?まず225先物市場へ興味がなければ何も始まらないでしょう。

ファンダメンタル分析は不向きである

市場の分析には大きく2つに分ける事ができます。ファンダメンタル分析を取り入れるのか?テクニカル分析を取り入れるのか?

ちなみに日経225先物市場ではテクニカル分析を取り入れるべきでしょう。なぜかと言うと、そもそも指数取引を売買目的にしている訳ですから、すでに価格に織り込まれて動いていることを理解しなければなりません。

各225銘柄のファンダメンタル分析とは、
・現在の価格
・PERやPBRの把握
・事業内容や特色
・筆頭株主や役員数
・設立日や決算日など
・発行株式数や単位
・キャッシュフロー
・業種や同業比較する
・業績や売上高など

調査するべき項目はたくさんありますが株式投資と違います。225銘柄のファンダメンタル分析をしても、売買する目的が違いますからエントリする材料にならないという事です。

押し目買いの難しさを理解する

上昇トレンド中で順張りすることや押し目買いすることは、簡単のように思いますが実践してみると、予想以上に難しい事が理解できるでしょう。

市場においてこうなったら必ず上がる。こうなったら必ず下がるという根拠で変動することは滅多にないでしょう。

常に上下に変動しながらチャートを作っていきます。そこに様々な時事的情勢や政治的な内容が混ぜ合わさって行くのです。

しかし時々、価格が大幅に変動することがあります。そのような時に押し目買いが拾えるのです。つまり逆張り的な発想も必要なんですね。

最終的な判断は自分自身である

最終的に、建玉をどこで決済するかどうかは自分自身の判断になります。相場の雰囲気に悩まされたり優柔不断になっている状態ではとても危険です。

明確な基準がないからこそ、自分自身で厳格なルールを作り上げることが大切なのです。1度エントリーしたら、相場の中では誰も助けてはくれません。

むしろ相場のノウハウを知り尽くしている外国人投資家やヘッジファンドなどに猛攻撃をされるかもしれません。

そのような攻撃や仕掛けに遭遇しない為にも、あらかじめ対策を計画していくべきでしょう。