日経225先物の相場は簡単のように見えるけど難しいマーケットです

昨年、新型コロナ肺炎の影響により、世界的なマーケットが混乱していきました。特に、米国市場、欧州市場は乱高下したので、日本市場においても影響を与えました。

しかし、現在の相場においてはV字回復達成しています。それどころか、日経平均株価は連日で高値を更新しているわけです。

ちなみに、日経225先物の価格は日経平均株価と連動しております。

・日経平均株価が上昇すれば日経225先物の価格は上昇します。

・日経平均株価が下落すれば日経225先物の価格は下落します。

当たり前のことかもしれませんが、確認のために覚えておいてください。

日経225先物トレードは、簡単のように思えて、実は難しいマーケットです

日経225先物取引トレードというのは、一見簡単そうに見えます。

・売りか?
・買いか?
・見送りか?

この3つがトレードの基本だからです。この3つの選択肢からトレード戦略を発見すれば良い。そう考えると簡単そうに見えます。この時に、

初心者の方は、トレードに恐怖心がないためにエントリーに積極的です。
利益が上がると、とても心地よい気分になります。こんな簡単にも
利益が得られるのか?という錯覚に陥ってしまう時期があります。

これがビギナーズラックです。不安の心理が排除されているので、
投資に対してリラックスしてトレードできるのです。

ビギナーズラックの対処法を知る

もし、ビギナーズラックの時期を迎えたら、その後の対処法が重要になって行きます。つまり、そう長くは継続しないという事になります。

最終的には、自分の建玉と余力をすべて日経225先物市場に、お金を奪われる時代に陥るケースが多いです。大切なのは、この日経225先物市場で長く生き残る事に尽きます。

ところで、なぜ自分自身はトレードをしているのか。そのように自問自答すると、投資をする動機が、あまりにも曖昧な理由に気が付く人が多いんじゃないでしょうか。

ちなみに、日経225先物としては、収益を大幅に向上させるチャンスはあります。お金を得ることができれば、時間も自由に使うことができます。ただし、マーケットは簡単ではない。

トレードは魅力的なマーケットです

トレーディングというのは、とても魅力的です。人間の「探究心」を刺激する行為であります。それは一見ギャンブルのような市場と同じ好奇心をもたらすと言っても過言ではない。

そして、トレーディングは「損失」というリスクを顧みない人たちを引きつけて、リスクをしっかりと回避している人たちを遠ざける市場です。これが、非常に危険です。

常にリスクにさらされながらトレードをするわけですから、生活は規則正しいモノとは言えません。つまり、社会的な常識は通用しないという事です。さらに、日常に起こる出来事や常識なども通用しません。

つまり社会的地位にある方や常識的な方など。まず最初に、海外投資家のターゲットにされてしまうので注意が必要です。

それだけリスクがある事を頭に入れておく

こんなことを言っていると、日経225先物取引を推奨しているようには思えないと感じる方も多いことでしょう。

しかし、それだけリスクがあるということも頭に入れておいてください。そのリスクや我慢の対価として収益のリターンがあるのです。よく確認してみて下さい。

様々な、戦略を立ってて、独自のトレードを確立すれば、だいぶ変わってきます。日経225先物市場では、有名なゴールドマンサックス証券や、有名なディーラーが居ることを忘れないでください。

そして、アルゴリズムを解析して、膨大な情報を取り入れて「高速AI取引」をしている。彼らは、予想もつかない仕掛けをするのが得意ですから。その仕掛けに逆らってしまうと、いくら資金があっても足りません。投資におけるリスクを頭に入れておいてください。