日経平均株価・25日移動平均線はまもなく27000円ラインをこえてくる

日経225先物投資のUTA「@Twitter」です。

昨日、日経平均株価の終値・28164円。

25日移動平均線は26954円になります。

投資家主体別の売買動向です。

個人投資家 海外投資家
11月第1週目 -4311億 3572億
11月第2週目 -6883億 3842億
11月第3週目 -2343億 3331億
11月第4週目 -4966億 4366億
12月第1週目 1351億 1599億
12月第2週目 -910億 2557億
12月第3週目 -1238億 1655億
12月第4週目 -196億 -500億

日経225先物の観測

日経225先物ミニ・価格帯レンジ。

今週は、12日(火)~15日(金)・4営業日です。

レンジ予想、27700円~28500円辺り・上限未知数。

今週は、27700-27850-28000-28150-28350円辺り。

日本市場において、個人投資家と海外投資家の動向。

12月・第4週目。個人投資家は196億円「売り越し」。海外投資家は500億円「売り越し」。

昨年11月、価格は23000円→26800円まで上昇しました。わずか、1か月間で約3800円程度も上昇しました。当時、個人投資家は1兆8500億円「売り越し」・海外投資家は1兆5000億円「買い越し」でした。

つまり、個人投資家が「売り」検討した場面で、海外投資家が「買い」を入れて踏みあげていったのが理解できます。要するに、日経225先物の価格23000円から上昇した相場に乗れず、むしろ「売り」を入れて、踏みあげられた個人投資家が多かったという事なのでしょう。

NYダウ平均株価と為替ドル円の観測

NYダウ平均株価において、当面のレンジ。

今週は、30400ドル~31400ドル辺り。

直近3か月間の推移→26500→30000ドル達成。現在30000ドルのラインで調整をしています。つまり、価格は無理をすることなく時間をかけて緩やかに上昇したことになります。

為替ドル円は、102円60銭~105円60銭辺り。短期的に自律反発「円安」になっています。ただし中期的な目線として「円高」進行が進んでいます。FX取引をされている方は苦戦を強いられているという事なのでしょう。

本日、早朝の相場観

さて日経平均株価・25日移動平均線はまもなく27000円ラインを超えてきます。ちなみに、前日・25日移動平均線は26954円になります。

25日移動平均線・価格帯の推移

25MA価格帯 達成日「2020年度」
18432円 04月16日
19000円 04月27日
20000円 05月26日
21000円 06月08日
22000円 06月23日
23000円 09月08日
24000円 11月17日
25000円 12月01日
26000円 12月11日
27000円 今週中に達成する

移動平均線は「遅行線」なので、中期的なトレンドが形成している時期はそのまま上昇を続けます。ただし、高値を更新している時期は必ず利益確定「売り」は発生するわけです。

なので、短期的な下落の局面を警戒しながら、相場を組み立てていかなければなりません。そして、毎年のように、1月上旬は堅調に推移している時期が継続しています。

まずは、午前中ザラ場の相場を観測する予定です。

※ランキング参加中です。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ
にほんブログ村