新規26075円「売り」建玉は、「+375円」決済しました

新規26075円「売り」建玉は、「+375円」決済しました。

さて、本日の東京セッション・午前中の時間帯。寄り付き価格は、25925円で取引開始しました。そのまま、再び上昇して26000円を目指すことも可能な場面でもありました。

ただし、現状の相場はイレギュラー相場であるということ。

そして、日経225先物の価格は、直近10数営業日で3000円程度上昇していること。そのような出来事だったため、日経225先物の価格が26000円を超えていった段階で、とにかく「売り」に絞って相場を観測していました。

普段、夜間セッションの時間帯においてトレードを控えておりますが、いままでの相場においては理屈が通用するような相場ではなく、イレギュラーな相場であると判断していました。

そして、まず価格だけ考えると「売り」絞ったほうが有利であると判断していました。

16日(月)23:32分 「売り」エントリー建玉の分です。※マネックス証券による、約定feedback通知メール添付します。

新規26075円「売り」建玉は、「+375円」決済しました。新規ホールドしてから、わずか2日間。このような、短期的な期間で利益を確保できたので、ある程度の満足感はあります。

日経225先物の価格が26000円超えたときに「売り」検討する

当ブログでも、何度かお伝えしておりましたが日経225先物の価格が26000円を超えた場合。当面、「買い」検討を控えて「売り」を検討する。日々ブログを更新していました。

つまり、中期的には上昇トレンドが継続しているけれど、短期的な「売り」を警戒していました。そして、本日は短期的な下落が起こって、「売り」の建玉は利益を伸ばしました。

ここから日本市場の相場を観測する

まずは短期的に、上昇トレンドはストップしている可能性が高いです。

いままで価格は急騰していったので、実質的な調整が行われるのは仕方がないという事なのでしょう。相場というのは、永久的に同じ方向へ進行し続けるものではありません。

そして、まだまだ下落の余地も考えられるので、今後は、上昇した場面において「戻り売り」として、価格の方向性を観測していきたいと考えております。

また、チャンスの場面があれば積極的に仕掛けていきたいと考えております。

1日5回程度、140文字のミニブログ Twitter更新してます。⇒ @nikkei225com

☆日経225先物のランキングに参加しております(^◇^)。
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ
にほんブログ村