ローソク足の大陽線・大陰線が出現すると【順張り】したくなる理由

nikkei225img-44

日足のチャートに注目していると、価格が一度も下がらずに上昇して行く「大陽線」や、価格が一度も上がらずに下落していく「大陰線」になることがあります。

これは、「買い」or「売り」のどちらかの建玉が一方的に伸びていった場合に起こります。そして、出来高やボラティリティが、普段の平均値よりも増加していく場合に起こります。

もしも、途中で方向性の強さに気づくことが出来れば、ある程度の利益を獲得することができるでしょう。そのまま順張りして相場の波に乗るという事です。

そして、大陽線や大陰線はとてもインパクトな出来事として、我々の記憶に残ります。それは、日足チャートを見れば一目瞭然です。

ただし、滅多に起こらないのも理解できるでしょう。にもかかわらず、次回もまた、大きなトレンドが発生すると考えて、同じ方向性にポジションを取ったとしたらどうでしょうか?

つまり、タイミングが遅すぎるために、損失になってしまう可能性が高いという事であります。では一体なぜ、そのようなことが起こるのでしょうか?

チャートの左端ばかり見ている

われわれ個人投資家は、これからの価格がどのように変動していくのかを、予想しなければなりません。その時に、チャートを使用するのが効果的かもしれません。

そして、過去のデータと変動幅が、どれくらいあったのかを理解します。一見すると、価格を予想する事が簡単なように思いますが、それは錯覚に陥っているせいであります。

というのも、チャートの左端を見ていれば、誰であっても過去に何があったのかは理解できるでしょう。あの時は「買い」だ!とか、あの場面では「売り」だった!とか。

しかし、実際のトレードになるとどうでしょうか?今まで価格を安易に予想できていたのは、チャートの左端だけを見ていたからなんです。

本当にトレードする時には、チャートの右端を見ていかなければなりません。つまり、どのような価格になるのかわからないという、未知の世界に入り込まなければならないのです。

価格を当てることはできないけど予想しなければならない

なので、未来の価格というのは当てる事ができません。もしも、そのようなことができるのであれば、今頃誰であっても、例外なくお金持ちになっていることでしょう。

まずは、幻想や妄想を抱くことを排除して、現実を受け入れなければなりません。現在進行形で変動している価格こそが、事実なのであります。

それに対して、自分が確立した「独自の手法」で対応すれば良いという事です。もしも、曖昧なトレードや、気分次第でエントリーラインを決めていたら、ただのギャンブルになってしまいます。

過去は過去の出来事であるということ

結局は、過去のできごとは過去なのであります。未来の出来事とは、全く違う働きかけが必要なのです。なので、

・大陽線が出現した これからは「買い」が正しい
・大陰線が出現した これからは「売り」が正しい

そのように決めてしまうのは、過去のチャートに執着し過ぎているせいなのかも知れません。もっと全体的に捉えて、価格を総合的に判断するべきなのでしょう。