06月12日(金)日経225ミニ先物 5分足チャート分析

東京市場、午前中ザラ場の分析を行います。

昨日、日経225先物のレンジは21550円~22300円辺りに収束しました。米国市場が急落したことによって、夜間セッションの時間帯に下落していきました。

これで、当面23000円が高値圏であることが確定しました。なので、24000円を達成するためには数か月で挽回できるような相場ではなく、あと6か月から1年程度かかるのではないか。

それよりも、2番底の確認が気になります。いったん乱高下相場になると、かなりしつこく「売り」が発生していきます。その辺りを警戒しながら相場を組み立てていかなければならないでしょう。

【米国市場】

NYダウ平均株価の終値・25128ドル。

前日比から1800ドル程度下落していきました。

当面、18000ドル~19500ドル底値を確認してます。

ナスダック総合指数は、9300ポイント~10000ポイント。

S&P500株価指数は、2900ポイント~3300ポイント。

原油価格は、1バレル15~35ドル辺り。

恐怖指数は、VIX20~35辺りが意識される。

米国市場は、完全に回復しております。主要な企業「グーグル、アップル、フェイスブック、Amazon」など。とにかく堅調に推移している。この辺りでいったん一服していもおかしくないような様子です。

【為替ドル円 取引市場】

為替ドル円は106円台後半まで「円高」進行しております。

短期的に「円高」進行しているということは、「ドル売り」が実行されたのでしょう。米国の通貨が強くなっております。

為替ドル円の推移

112円台⇒101円台⇒109円台→106円台。

激しい変動相場が繰り広げられて、中期的に「円安」&短期的に「円高」進行しております。

あと海外投資家による、一斉リスク回避。著しく変動幅が大きくなる要因なので、価格の振り幅には注意するべきでしょう。

新規建玉をホールドする場合は、十分な余力を持ってトレードすることをお勧めします。

公式LINE@登録 日経225先物の投資における「基本編」25分動画、「損切り編」30分動画。合計55分、「動画解説付き」で提供中!

PC画面でも、スマホでも、いつでも何処でも閲覧可能です。公式LINE@登録すると、すべて動画を閲覧することが出来ます。普段、無料ブログで公開していない部分。つまり、限定動画を提供しております。

こちらLINE@の登録になります。 ⇒公式LINE@登録サイト

Twitter更新してます。⇒ @nikkei225com
☆日経225先物のランキングに参加しております(^◇^)。
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ
にほんブログ村