トレードにおいて完璧な「正攻法」なんてないと考えている

日経225先物のトレーディングは、非日常的な興奮をもたらす働きかけをする場合があります。例えば、初心者である個人投資家は、ビギナーズラックを経験したときに、天に舞い上がるような気分にさせてくれるなど。

こんなにも簡単にお金を稼ぐことができて、なんて楽しいのだろうか。

よし!次は建玉の2倍でエントリーしよう。そうすれば儲けは2倍になる。実は、そこから落とし穴の入り口が始まっていくんです。日経225先物を、つい「娯楽」として考えてしまう。

・気分がとても興奮していく 高揚感
・お金がとても儲けられる  経済観

この両方を、同時に手に入れられる投資家は実はどこにもいません。それは、個人投資家に限ったことではなく、海外投資家や大手ディーラーたちでも共通することです。

感情とお金は分別しなければならない

感情が高ぶっていたり興奮したりすると、収益の向上を妨げる可能性があります。つまり、心理的な部分は、成功するための道筋を邪魔します。

結果的に不安や恐怖心、そして欲望が強いほど破滅的なトレーダーになってしまうでしょう。本来であれば、感情を排除してトレードできるようになれば、どんなに楽なことでしょうか。

しかし、それは無理でしょう。

自分の感情は、自分が1番分かっているはずです。それよりも、自分がどのような性格であるのかを、分析することに時間をかけたほうがよいでしょう。

自分を分析するというのは、性格が良いとか悪いとかの問題ではなく、相場に向いているかどうかの分析をするということです。しかし、残念ながら相場に向いている個人投資家は、ほとんどいません。と言うのも、

相場の世界では、日常の常識的な出来事が一切通用しないからです。つまり、非常識なことばかりが起きるのです。それはチャートを見れば一目瞭然です。教科書通りに売買しては、海外投資家のターゲットになるだけです。

正しいトレーディング技術を学ぶ

日経225先物に限らず、どんな分野においても、成功するためのプロフェッショナルな最終点というのは、自分が最善を尽くしたときに到達する領域なのです。

つまり、最高のトレーダーを目指すべきなのです。もちろん、お仕事をされていて資産運用のために、片手間で投資をしている方もいらっしゃるでしょう。

ただし、いざエントリーする時になったら、社会の生活環境における適合された性格を、一旦排除して、人間性を変えなければなりません。そうです頭の切り替えが必要なんです。

よく考えてみてください。パソコンの画面でトレードをしているから分かりづらいのですが、この画面の向こうでは、海外投資家が参加していることを忘れてはいけません。

彼らは、相当手ごわいです。と言うよりも敵う相手ではありません。そして、一切容赦しません。厳しいようですが、われわれ個人投資家がどうなってしまおうと、関係がないという事です。

彼らは、まずトレーディングにおける環境が違います。ひとりで運用していたとしても、彼らの周りには優秀なトレーディング研究チームがいるのです。

膨大な情報量を集めては、的確に売買の判断をして利益を確保しているのです。決して大げさではなく、約数分間もあれば個人投資家を、日経225先物の市場から退場させることも可能なんです。

自分のトレーディングルールを作ること

日経225先物で投資をするならば、自分のルールブックを作ることです。実は最高のトレードシステムというのは、意外にも単純な作りからできているのです。

なので個人投資家でも、収益を向上させるためのルールブックを作る事は可能なんです。逆にトレードの仕組みを複雑にしてしまうと、時間が経過するたびに問題が発生するケースが多いです。

完璧なルールブックを作ろうと考えてしまうと、逆に破壊してしまう可能性があります。日常的な社会ではないので「正攻法」がない。だから相場に完璧を求めるのは危険です。