難局を示すトレードを回避しなければ「追い証」となってしまう

投資で利益を追求しようと考えているのにもかかわらず、いつの間にか損失ばかりが重なってしまう。それどころか、自分の建玉の方向性が正しいと判断し過ぎて、逆の方向に行ってしまった場合に対処できない。そんなことってありませんか?

もしもそうだとしたら、それはかなり危険な投資方法です。いづれ、難局を示すトレード状況に巻き込まれてしまうでしょう。

どうして頭では理解しているのに、損切りの行動ができないのでしょうか?ましてや追証まで建玉をホールドしていたとしたら、投資の引退を意味するくらい危険な投資レベルです。

ここでは、収益を向上させるというよりも、まず損失を最小限に抑えていく方法をまとめました。まずは、相場の世界で長く生きる事を考えてください。

追証とはなにか?

日経225先物では、売買するために証拠金が必要です。追証とは、売買するための最低維持証拠金を下回った場合に発生します。

追証が発生した場合は、証券会社よりメールにてお知らせがあります。当日の15時過ぎに判断していますので、翌営業日の正午過ぎまでに、追加証拠金を入金しなければなりません。

もしも、追加証拠金を入金しなければ、証券会社が、あなたの建玉を反対売買して決済します。※反対売買は、日経225先物口座を開設する時に、利用規約に同意していますよ。

なぜ追証になってしまったのか?

どうして追証になるまで売買していたのか考えてみましょう。日経225先物の売買で、エントリーする時点では、収益を向上させることが目的ですね。だれもマイナスにすることなど考えてはいません。しかし、

・買い建玉をホールドしたら下落してしまった。

・売り建玉をホールドしたら上昇してしまった。

建玉と逆の方向に価格が動いていくことなど日常茶飯事です。その時に、損切りすることが必要なのですが、いざその場面になると、相場を自分の良い方向に解釈してしまって、ルールを変更してしまう。

最終的に、建玉を放置してしまった末路が追証なのでしょう。実はこのパターンが一番多いケースになります。つまり、投資のルールブックを作らずに、その時の状況によって変更してしまっているのでしょう。

ルールブックを作ったら厳守すること

海外投資家や大手ディーラーなどは、会社の厳密なルールによって、投資の判断をしています。デイトレードで利益を出している個人投資家でさえ、日中から夜間もしくは、夜間から日中へ持ち越したりすることはありません。

まずは自分自身が納得するようなルールを設定します。もしも納得するようなルールが作れなければ、すぐに変更してしまうからです。

もしも、一度でも追証通知の経験がある個人投資家は、そのルールブックの中に、必ず【逆指値の設定】を入れてください。

日経225先物投資は、とても厳しいマーケットです

日経225先物投資は、とても厳しいマーケットです。何故なら、有名な証券会社の海外投資家や、大手ディーラーが参加している市場だからです。我々、個人投資家に対していろんな場面で仕掛けをしてきます。

ただし、自分のルールブックを設定しておけば、最小限の損失だけで済むのです。ただそれだけなんです。それは頭の中では理解している。だったら損切りする決断ができるはずです。

もし損切りされたとしても、むしろ感謝しなければならないくらい大切な事です。だって、これで追証になることなど無くなるのですから。