両建ての難しさを理解してトレードしなければならない

例えば、売りと買いを同時に約定させれば、どちらか一方は利益になる。それが、両建てになります。残りの建玉を損失にしなければ合計すれば利益になる戦略です。

しかし、実際はどうでしょうか?

いざ両建すると、意外にも合計額が損失に終わってしまう確立の方が高いかもしれません。

ここでは両建てについて理解して、果たして投資の手法として、必要かどうかを考えてみました。1度でも両建に失敗した方や、これから日経225先物を始める方はご覧ください。

両建てとは何か?

そもそも両建てとは、建玉の両方を持つことを指します。つまり買い建玉と売り建玉の両方をホールドする訳です。

FXをされている方は、両建ての手法を取り入れて利益を追求しているトレーダーの方もいらっしゃるようです。もちろん日経225先物でも両建てする事が可能です。

新規注文で、買いと売りの両方を注文すれば良いだけのことですから。もしくは買い建玉を持っていた場合に、途中で売り建玉を【その逆パターンあり】、ホールドしてリスクを軽減する時に使用します。

両建てするとどうなるか?

一見すると両建てというのは、効率の良い投資方法であると判断できます。まず先に、利益になっている方から決済して、残りの損失の建玉を、どのようにして決済すれば良いのか考える事ができるからです。

先に利益確定の経験をしていますから、多少は気持ちにも余裕があります。そのメンタル状態で相場に望めるのでリラックスしています。

しかし、冷静になって考えてみてください。

利益確定はしているけれども、残りの建玉次第では、損失確定になってしまうことだってあるのです。というよりも、実は振り出しに戻っているだけなのです。むしろ両建てすれば、証券会社の手数料は2倍です。証券会社の手数料は、昔に比べれば安くなりました。

それでも、年間に何度もトレードするわけですから、手数料は積み重なっていきます。※一度どれくらいの手数料を支払っているのか、年間合計で算出してみてください。意外にも結構な金額になります。

建玉が損失の時に両建てしてしまう

実は、両建てするケースで一番多いのがこのパターンです。最初に新規建玉で、どちらか片方のみホールドします。今回は【買い建玉】としましょう。

最初は順調に上昇していったので様子を見ていました。しかし、状況が変化して価格が戻ってきました。それどころか、買い建玉の位置から下落の方向に向かっていった。

そこで損切りすれば良いにもかかわらず、すぐに元の価格に戻るだろうと、都合のよい解釈をしてしまい、損切りせずにホールドしてしまう。

結局、含み損の状態のまま相場を眺めている。メンタル的な苦痛だけが残り、なんとか排除したいという思いから、下落を阻止するための回避策としていろいろ考える。

その対応策として損切りを選択するのではなく、新規で売り建玉をホールドしてしまう。含み損が確定した両建ての完成です。

正直、この様なケースの両建てになってしまった場合は、今後、建玉を利益に変えることは相当難しいトレードになると思ってください。高確率で損失になるパターンです。

あの時、損切りして最小限に抑えておけばよかった。というのは相場では通用しません。でも精神的な苦痛から解放したいという思いは変わらず、別の手法として両建てを選んでしまったのです。

両建てできるようなチャンスは少ない

とにかく、両建てという戦略は魅力的かもしれませんが、思いのほか損失になるパターンが高いです。なので、果たして「両建て」したところで利益になるのかどうか。今後、検討しておかなければなりません。