相場に参加すると「恐怖心」や「不安感」という感情の変化に気づきます

日経225先物の投資において、最初の頃は、連続して勝てるような時期があります。要するに、ビギナーズラックです。要するに、何も考えずに投資するので、「恐怖心」がない状態。

しかし、だんだんと感情的になってしまい「心理」的な部分を支配されるようになってからは、上手にトレードできなくなってしまう時期に変わります。

今まで、何も考えずにマーケットへ参加していたのにもかかわらず、いつの間にか「不安」や「恐怖心」などが先行してしまい、消極的になってしまうケースがあります。

自分自身でトレード方法を考えて実行していたのにもかかわらず、いつの間にか、メディアやTV、新聞記事などを参考にしてしまい「強気派」の意見に流されてしまったりするのです。

この辺りで、歯車が狂ってしまい自信を失うことだってある。そうなってしまうと、最悪の末路が待っていることでしょう。

トレードする時の感情の前後は違う

新規建玉を建てる前は、さまざまな戦略や戦術を考えています。つまり、どのようにしてマーケットに参加するのか?いろいろと、試行錯誤するわけです。

この時の感情は落ち着いています。考える事に夢中になっていますから、むしろ好奇心でいっぱいになり、充実した時間を味わっている最中になります。

しかし、いざトレードに参加するようになると感情の変化に気づきます。参加するまえでは考えられなかった「恐怖心」や「不安感」など、自分の感情を支配するようになるのです。

何故そのように変化してしまうのか?答えは簡単です。マーケットに参加するようになってから、「お金」というモノに執着したから。

投資で儲けたいという純粋な欲求。これが、余りにも強くなりすぎて、貪欲になっているのでしょう。それは、当然のことですから問題ありません。

しかし、その感情が行き過ぎてしまい、独自のトレード方法さえも変えてしまうことにもなる。例えば、建玉を2倍にして儲けを倍増させることだけを考えたり、損失の部分が生じたら建玉を2倍にして取り返そうと考えたりと。

本来の自分自身のトレード戦略を、感情的になってしまい、自分自身で破壊していくパターンです。

欲の支配がトレード方法を崩していく

せっかく、順調なトレードをしていたのにもかかわらず、数回の損失を取り戻そうとしたり、欲深くなってしまったせいで、自分の正常なトレードがだんだんと崩れて行ってしまうのです。

果たして自分は、投資の世界に向いているのか?なんて考えるようになると自信を無くしてしまうかも知れません。

もともと、マーケットに向いている人なんていないはずです。社会的な常識やモラルなどが通用しない世界ですから、お付き合いすることだけでも精一杯なわけです。

自分の欲求や感情のコントロールとマーケットに合わせることを同時に行わなければならないのです。だから、投資というのは難しいということなのです。

一見すると自由に参加できるように思いますが、自分本位にトレードする事が許されるのは、新規建玉を建てる時くらいでしょう。

マーケットに参加したあとの「利食い」ラインや「損切り」ラインなどは、オートメーションのようなかたちにして参加する事が無難です。

あとから変更してしまうと、ポジションを都合の良いように動かしてしまう可能性があります。そのように、手加減を入れて感情的にトレードするようになったら注意が必要です。

トレードをシンプルに考えてみる

相場というのは上昇トレンド、下落トレンド、停滞相場から成り立っています。じつはこれらの値動きが重なっているだけなのです。

最初の頃はシンプルに考えていたのに、いつの間にか複雑化して捉えてしまうのは、よくあることなので仕方がありません。

そのことが原因で収益が改善できていないのであれば、一旦リセットしてからシンプルに考え直すようにしましょう。

われわれは証券アナリストや経済ストラテジストではありません。専門知識をもって相場を分析する必要はないのです。