02月13日(木)日経225ミニ先物 5分足チャート分析

東京市場、午前中ザラ場の分析を行います。

昨日、日経225先物のレンジは23800円~24000円辺りに収束しました。当面、24000円⇒23000円⇒24000円までV字回復上昇しています。まもなく、日経225先物の価格において24000円を超えていくという事なのでしょう。

このように、全体的なマーケットが上昇している時期。自分本位に考えて、天井と判断して「売り」急げば、いったいどうなるのか。確かに、天井を当てることが出来れば、相当の利益を追求することが出来るでしょう。

しかし、リアルタイムでトレードしている時は、天井がどこで確定するのか分かりません。そのように、当てにいこうと考えるのではなく、むしろ、何処まで価格が上昇していくのか。

まだまだ価格は上昇していくのか。そのように捉えた方が、相場の見方としては楽であるという事なのでしょう。

今週レンジ予想 日経225ミニ先物

今週のレンジは、23000円~24100円辺りを想定してます。

意識されるレンジは、23050-23250-23500-23750-23950円辺り。

当面、23000円を割れ⇒V字回復している。要するに、短期的にハイスピードで下落したけど、そこから正常な相場に回復しているという事なのでしょう。

日本市場においても、大幅に下落した局面は終焉を迎えようとしています。あと、日足チャートは「三尊形成」する可能性があります。もし、達成してしまうと「下落」のサインとなってしまう。

今後の課題としては、24000円~24500円辺りまで上昇していく。そして、一気に上値抜けトライすることが、上昇する為の条件という事になります。

【米国市場】

NYダウ平均株価において、当面のレンジ。

今週は、28800ドル~29600ドル辺り。200日移動平均線は、27300ドル辺りなので、完全にサポートラインとして機能しております。

ナスダック総合指数は、9350ポイント~9750ポイント辺り。

S&P500株価指数は、3100ポイント~3400ポイント辺り。

原油価格は、1バレル50ドル~65ドル辺りが意識される。

恐怖指数は、VIX10~25辺りが意識される。

米国市場は、再び史上最高値を更新する場面となっております。

【為替ドル円 取引市場】

今週の目線は、108円70銭~110円70銭辺りです。

中期的な目線は、105円台前半~110円台後半辺り。

中期的な目線から考えても、「円安」傾向にあります。

為替市場においては、特に理由がなくても100pips変動することがあります。そして、政治的・経済的要因。さらに、地政学的リスクが起これば、わずか数時間で大幅に変動する時もあります。

どんなに、冷静に見極めたとしてもFX市場は難しい。だからプロ向きの市場であるという事なのでしょう。日経225先物投資をメインにしているのであれば、あくまでも為替相場は、参考程度に考えると良いでしょう。

本日の動画

本日、日経225ミニ先物の相場状況など含めた動画をご覧ください!

公式LINE@登録 日経225先物の投資における「基本編」25分動画、「損切り編」30分動画。合計55分、「動画解説付き」で提供中!

PC画面でも、スマホでも、いつでも何処でも閲覧可能です。公式LINE@登録すると、すべて動画を閲覧することが出来ます。普段、無料ブログで公開していない部分。つまり、限定動画を提供しております。

こちらLINE@の登録になります。 ⇒公式LINE@登録サイト

Twitter更新してます。⇒ @nikkei225com
☆日経225先物のランキングに参加しております(^◇^)。
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ
にほんブログ村