日経225先物投資の心得

ここでは日経225先物の投資方法についてまとめております。損切り、始値、移動平均線、ボリンジャーバンドなどの指標。そして、外国人投資家の思考、投資の心理に関する内容など。ぜひとも、日経225先物の投資方法にお役立てください。

損切りについて

損切りの重要性を知れば日経225先物で収益を向上させられる

損切りができないのは収益の欲望があまりに強すぎる【逆指値】の設置は必須である

追証に振り回されない為に逆指値の設定で回避する

逆指値を設定することで心理的要素を排除する

損切り貧乏にならない為に4つのルールで損失を回避する

損切りと投資の経験年数は 1年かかる? 3年かかる? いや5年かかる!

損切りのタイミングは損切りラインを厳守すれば、自然と利益は伸びる

なぜ損切りして損失を膨らませてまでも日経225先物トレードをするのか?

損切りと利食いの関係において、損切りは次のトレードに進むための必須条件である

日経225先物投資においてオーバーナイトのポジションは余程の含み益が無い限りは持ち越さない

始値について

寄り付きとは?始値で建玉を持つと難局を示すトレードに巻き込まれる

始値からの寄付きエントリーは避けた方が良い

売買するエントリーポイントはどの位置が良いのか?

寄付き注意 取引する時に注意する1日の時間軸について

指標・テクニカル指標について

米雇用統計【米・非農業部門雇用者数と米・失業率】には注意が必要

ダウ平均株価とナスダック株価の指標を考えながら日経225先物の相場を見極める

為替の円/ドルや円/ユーロなどの指標から日経225先物を考える

日銀の金融政策決定会合は株価を乱高下させる要因になるので見送ることが大切である

日経225先物 前日のレンジ幅を把握してレンジブレイクに気を付ける

出来高の重要性を考えながら投資に望む

移動平均線 テクニカル分析

ボリンジャーバンド テクニカル指標

サポートラインとレジスタンスラインの位置と関係性を考えながら日経225先物をトレードする

日経225先物投資においてどの指標を参考にして活用するべきなのか?

日経225先物で両建てすると難局を示すトレードに巻き込まれる可能性がある

基本的に大引けにかけてエントリーは避ける方が無難である

外国人投資家について

外国人投資家の仕掛けとそれについて行く事が大切である

外国人投資家の手口というのは本当に恐ろしい

外資系注文動向の指標を考える

投資の心理について

個人投資家のほとんどが日経225先物の市場から撤退させられてしまう理由

日経225先物の相場には心理的な部分が大きく関わる

感情に任せて日経225先物取引するとどうなるか?

なぜたくさんの個人投資家は損失を出して、結局日経225先物の市場から撤退させられてしまうのか?

投資の心理はエントリーする前と後で変化(投資前と投資後の心理的ギャップ)を考える

日経225先物における投資と心理の関係を考える

日経225先物における投資の心理を考えながらチャート診る

日経225先物において投資の心理はエントリーする前と後で変化する

ローソク足について

日足チャートのローソク足(大陽線)は安値圏で出現すれば底値の判断材料になり上昇する可能性が充分にある

ローソク足のチャートをどのようにしてみれば株価の予測をすることができるのだろうか?

株式投資は株主優待や配当金だけを目的にすると損をしてしまう