投資の心理はエントリーする前と後で変化(投資前と投資後の心理的ギャップ)を考える

投資に成功している人は心理を極めています。投資する前と投資した後では心理的働きかけが違う

投資前→利益に対しての気持ちが高まり 意気揚々としている
投資後→損失に対しての不安感が高まり 不安に陥る

心理的ギャップが起こると、自分本意のトレードが出来なくなります。ジェットコースターに乗る前と乗ったあとの気分に似ています

投資前→いろいろな戦略戦術が冷静に計画できる
投資後→現状の把握をするだけでもいっぱいいっぱい

コントロールを失いかけ、苦痛感が続いて落ち着かない。自分の感情をコントロールする事を失っている。相場の環境に自分の感情を合わせていないと、相場に置いて行かれて損を出してします。

・相場が自分に合わせる→×
・自分が相場に合わせる→○

あと、エントリーの時点で売買手数料が発生しますので、常にマイナスからのエントリーという事を頭に把握してから望む。つまり、収益になる為には一度損益の状況を飲み込み、その後プラマイ0になり徐々に収益に伸びていくわけです。

その、過程に至るまでに相場は、上下するし自分のエントリーポイントで変動する為に、耐えがたくなってしまう。エントリー時が、1番感情を揺さぶられる時なので、感情を1番に制御しなければならない。にも拘わらず、制御しないと損切りの方向にどんどんと向かって行く。こんなにも損を積み重ねてしまい相場から撤退させられてしまう。資金を使い果たすギリギリまで居るのは何故か?

・お金の欲望と、自分の負けを認めたくない。
・感情コントロールが制御できていない。

トレードは一見簡単そうに見えます。

最初は、恐怖心や余計な分析などもしないので、利益を積み重ねるのが簡単だと思います。そこで、大きなリスクを取るようになってから、すべての資金を使い果たすケースがほとんどです。相場は、とても感情を引き付けるいわば知的探求心を刺激するものなので、最後まで辞められなくなるのでしょう。

非日常的な世界でもありますから、魅了されるのでしょうか。まるで損失を伸ばしても構わない人を引き付けて、収益を伸ばしている人を遠ざけているような感じ。だから、マーケットに感情を引き付けられて、制御ブレーキを破壊されない様にしっかりとコントロールする事です。

マーケットに参加すれば、誰も助けてくれません。頼りにできるのは、自分しかいません。現実的なトレーダーは、自分自身の能力を把握していますトレードするのなら、幻想や夢を追い求めているのではなく、常に研究と探求心をもって相場に望むべきです。

相場に取り組んでいても、対応方法に困らない為に準備は必要です。自分に謙虚であるがゆえに、相場に心を委ねようとはせず、自分自身で責任を果たし、責任を取ることもできる。

破滅的トレーダーは、幻想的な考えに基づいてトレードしてしまう。ここで上がるだろうとか、ここで下がるだろうとか、すべて自分本意で相場の変動を決めつけてしまうため、逆の方向に行ったときに対応に遅れるし現実から逃避してしまい、それが大きな損失につながる。

追証に至るまで、相場にしがみついていたら、それは、破滅的トレーダーの証です。何時まで経ってもトップトレーダーに入れません。むしろ証券会社が追証通知してくれた事に、感謝しなければならないくらいです。だってこれ以上損する事が無いのですから。

まずは、相場に対して抱いている間違った幻想を、自分自身か徹底的に排除して相場に望むことをおすすめします。相場で収益を上げるには、何か特別な能力や特技スペシャルな知識が備わっていなければ勝てないと、いうわけではありません。

・メンタル
・資金管理
・メソッド手法

この3つだけで充分だと言えます。じつはとても単純なものなんです。

その、単純なものが故に深く考えてしまって、いろいろなテクニカル分析を用いて最後には、分析マニアにだけなって一向に利益にならない。なんて事になりかねません。つまり常識的な考え方を持っていれば、持っている人ほどマーケットに対応できないのです。相場というのは、社会的な常識が通用しない為、そこに矛盾の隙間が生まれてどんどん離されていくのです。