感情に任せて日経225先物取引するとどうなるか?

日経225先物取引において、個人投資家の大半は興味や好奇心を求めています。もしもトレードで収益を確保できれば、高所得が得られるからです。人というのはもともと興奮することや、神経がゾクゾクするようなことが好きなのです。宝くじを買ったり、パチンコをしてギャンブルをしたり、事故があったりしたら野次馬のように見に行く。これは人間の欲求から来ています。

日経225先物としても同様に、興奮を起こさせる経験があります。どんなに損失をしようとも一向に抜けられず、マーケットで全財産を使う敗者に変身させてしまうのです。ギャンブルの感覚でトレーニングすると、最悪の結末が待っています。もしも最高のトレーディング技術を磨きたいのであれば、自分の感情をコントロールすることが大切です。

感情に基づいて、マーケットに参加すると早期に撤退させられてしまいます。

例えば、「買い」ポジションを取っているとします。相場が下降しているので底値だと考えてエントリーしました。するとそこからさらに相場が下降してきました。ここで損切りしたらもったいないと感じて、ナンピンを入れてさらに建玉の量を増やして「買い」エントリーして、余力を最大まで使い果たす。

ここまで下がれば、もう下降することはないだろうと思って、ナンピンしたのにもかかわらず、さらに下降して大幅な下落。どうすれば良いかと慌ててしまい損切りすることもできずに、ただ呆然とチャートを見ている。我に返って損切りした時には大損失が待っていた。損切りをすると、突然に値が戻し始めてV字回復。その後自分が考えていた通りに上昇していく。

なぜそんなことが起こるのでしょうか?

明らかにマーケットで損を取り戻そうと考えている感情の問題です。そこには怒り、恐怖や興奮などを起こす行動は、収益を向上させるチャンスを奪います。マーケットは、自分の思うように動いてくれません。大切なのはエントリー前の準備です。

・いくら儲けることができるのか?
・いくら損失をだす事になるのか?

この考え方には大きな違いがあります。エントリーする前に損失を回避するための思考が必要です。あらかじめ自分が設定した損切りラインは絶対に厳守しなければなりません。その損切りラインを守らなければ、おそらく破滅的なトレードをすることになるでしょう。