日経225先物の相場には心理的な部分が大きく関わる

相場には心理的な部分が、とても多く関わってきます。ちなみに、学歴とか、社会的地位とか論理的思考能力とかは必要ありません。相場に必要なのは、3つの原則だけで良いのです。

・心理的な行動を究極に固める
・テクニカル分析で財務管理を徹底する
・次元の違う独自のオリジナル手法を完全に習得する

そして、手法のほかに相場における重要性が心理的な行動を究極に固めることです。これって、すごく重要だと思います。何故なら、損する時も利食いする時も自分が相場に働きかける心理この判断状況次第で一変するのですから。

日経225先物の戦略はたった3つ

・売りか?
・買いか?
・見送りか?

なのに、どうしてほとんどの個人投資家は、損失を膨らませているのでしょうか?相場には、数多くの落とし穴があります。それは、

・外国人投資家の仕掛け問題
・予測不可能な政治経済の時事的問題
・自分自身の心理的な問題

外国人投資家の仕掛けと予測不可能な時事的問題はどうにもなりません。しかし、自分自身の心理的な問題は、自分自身の出来事なので改良する事が可能なんです。しかも、最も重要な部分を、自分自身で変化させる事が出来るのです。これに気づいて、早期に改善する必要があります。

私が安定して収益を上げ続けられる様になった時期に、独自の投資メゾットを確立させて同じ手法を繰り返している事に気づきました。私は、メンタルや資金管理方法などは、わりと習得しやすかったのですが、どうしても安定した投資メゾットが、解らなかったんです。

・エントリーライン
・利食いライン
・損切りライン

この3つのメゾットを明確にする必要があります。それらを克服すれば、かなり相場の明利に敵います。当時は検証と研究に膨大な時間をかけて、寝ても覚めても頭の中は相場の事ばかり考えていました。夢の中にも日経225チャートが出てきて、売買している自分が登場してましてね。

果てしない労力を費やした結果、犠牲にしたモノが多すぎましたが、その結果の対価として、収益を向上する事が出来るようになったのです。こんな暗い事ばかり言ってしまうと、皆さんは、日経225先物が嫌いになってしまうんじゃないでしょうか?

でも良く考えてみてください。相場の世界は、1歩足を踏み入れたらそこは熾烈な戦いです。しかも、ゴールドマンサック証券やクレディスイス証券など大手外資系のプロディーラーがいる市場の中で、あなたは肩を並べて参加しているのです。それをお忘れなく。

なので、日経225投資に参加するのならばしっかりとした心づもりをして望むことを忘れてはいけません。私の場合は、1回のトレード毎にまず深呼吸をします。頭の中を一度真っ白にさせて、100m走をする前の、スタート台に立った時の緊迫感と集中力を、ゴールの一点に集中させるようなイメージでエントリーします。エントリーしたら一斉スタート。ココには外資系の超大物ディーラーなどの兵どもがたくさんいます。

パソコン画面に張り付いているので、わからないような錯覚を起こしますが、手強い相手がすぐ近くで戦っている事をお忘れなく。ゴール一直線に目がけて全力疾走。ちなみに、ゴールとは利益を出しても損失を出してもゴールはゴールです。そうです、エントリーしたら利食いか損切りかで決済するだけなんです。負け思考の強い方は、決済方法を利食いにしろ損切りにしろ 躊躇ってしまうのです。

・エントリーする前に準備する
・いくら利益になったら利食い
・いくら損失になったら損切り

これが、しっかりと明確に計画されていないままエントリーしているのではないでしょうか?テクニカル指標で移動平均線があります。クロスした時に 買いなのか売りなのか?

ライン上にローソク足があるから買いなのか?
ライン下にローソク足があるから売り時なのか?

確かにサインとしてはとてもわかりやすく使いやすいツールでしょう。でも実際はそう上手くはいかないのは分かっているはずです。むしろこのサインを基に、外資系ディーラーは仕掛けてきます。つまり個人投資家を攻めてくるケースの方が多いんじゃないでしょうか?

外資系ディーラーってなんでも見透かしていると思うくらい見事なチャートを作り上げると思いませんか?チャートは、心理状態を表している図表だと、まさにそういう事です。勢いよく下に抜けていったから売りを入れてみたら、値がストップして、戻してきて上の方向にじりじりと上がっていったり。

高値がなかなか抜けられず、上の辺りでうろうろして、下に向かいそうな気配があったから売りを入れたら、上抜けてしまい、その勢いも止まらず気づいてみたら大損切りなんて事も。

・1番仕掛けづらいのは始値の位置
・1番損失する確率が高いのも始値の仕掛け

エントリー時は、いくら損失するのかを、エントリー前にあらかじめ決める必要があります。利益はその次だと。そう頭の中に自分が決めた損失ラインと損切り表をインプットしています。あとはエントリーして決済するだけ。

もしも計画を立てずに相場に向かっていったら確実に損をします。相場は上下するし、自分の都合のいいように解釈してはいけない。一度失敗した建玉は二度と戻りません。だから早めに損切りをする必要があります。大手ディーラー達は、経験値も建玉の量、情報量などは桁違いなのだ。自分が相場を作っているのではなく、外国人投資家が相場を作っているのだと。

その外国人投資家が仕掛ける方向に、早期に乗る事。もしも仕掛けた方向と逆の方向に行ってしまったら、頭の中で言い訳を考えず、潔く損切りする事。

始値ではエントリーしない。たしかに、相場の始まりという事もあって、心理的にも相場に対する意気込みが強くなる。その傾向がある為にエントリーしやすい。しかし、仕掛けは意外なところからやってくる。特に始値が、日中の中で出来高が最も集中しやすいし、仕掛けやすい事はわかっている。だから敢えて見送ります。

225先物取引というのは、相場を研究したからと言って、その努力が結果と結びつくという訳ではないですよね?相場に、努力と結果との相関関係はないのです。