下、下、下。株価は急落しております。

おはようございます。日経225先物のUTAです。

さて、本日の東京セッションの時間帯。日経225先物の価格・寄り付き価格は22750円で取引開始しました。

昨日、米国市場は急落して行きました。NYダウ平均株価は25,598ドル。およそ、831ドル近く下落しております。こうなると、「急落」という事になります。そして、今まで堅調であった、ナスダック総合株価指数も急落しております。

米国市場は下落して行きました。こうなると、日本市場が心配になります。恐らく、自律反発する場面はあるかも知れません。ただし、中期的に考えると、まだ下値模索の展開が継続する可能性が高いという事なのでしょう。

そして、ここまで下落してしまうと「テクニカル分析」は機能しないという事です。さらに、市場のセンチメントは不安に駆られてしまっている。結果的に、価格は乱高下するので注意が必要です。

ここは、市場が落ち着くのを待って投資に望んだ方が無難なのかも知れません。ただし、急騰した場面は「戻り売り」となります。そして、急落した場面は「買戻し」が入るでしょう。相場というのは、そういうモノなのであります。