外国人投資家の手口というのは本当に恐ろしい

外国人投資家の手口というのは、それはそれは恐ろしいというか見事である。いったい何が見事かというとわれわれ個人投資家を、いかに損失に陥れるかを考えているのである。

良く考えてみてもらいたい。個人投資家の損失は何処に回っているのか?それは、外国人投資家の利益にシフトしているだけである。

つまり外国人投資家達は、個人投資家達の損失を分け合って分配しているのである。その為には、様々な手段を使って落とし入れるのである。

それはチャートを見ると良く分かる。そして保ち合い相場になっている時こそ多くの個人投資家の利益が損失に代わってしまう場所なのです。

基本的に、アマチュアの場合は順張りの手順しか考えていませんから、相場が伸びた場面でしか売買しないのです。それを外国人投資家は虎視眈々と狙っています。

逆張りを仕掛ける事が出来るのは外国人投資家なのです。この保ち合い相場になった時に、いいかにして利ざやを稼ぐのかを考えています。

・そろそろ株価が上昇しそうだから買う ×
・そろそろ株価が下落しそうだから売る ×

チャートを見ているとそうなりがちなのですが、実際はそうではなくて

・そろそろ株価が上昇しそうだから売る ◯
・そろそろ株価が下落しそうだから買う ◯

なんです。この逆張りの発想が出来ると、外国人投資家の動向が観察できて株価の流れについて行くことが出来るのです。

そして保ち合い相場から価格が抜けたと思ったら、一気に株価は上昇し始めて高値を付けたと思ったら、その後は一気に急降下して安値まで値を下げる。

このように、外国人投資家が仕掛けてくるチャートは見事なんです。順張りが通用しないと思ったら、逆張りも通用しなくなる。

日経225先物投資で利益を上げる1番の方法は、建玉の余力を十分に持ちながら時間軸をしっかりと計算して売買する事。これに尽きます。

・短期トレード デイトレードは向いてません。
・中期トレード スイングトレードは適正です。
・長期トレード ロングトレードは向いてません。

デイトレ目線なら為替市場へ移動した方が良いかもしれません。ロングトレード目線なら株式市場へ移動した方が良いかもしれません。先物市場で適正なのは、ずばりスイングトレードです。