新規24365円「売り」建玉は、「+100円」決済しました。

新規24365円「売り」建玉は、「+100円」決済しました。久しぶり、新規「売り」で仕掛けました。

さて、本日の東京セッション・午前中の時間帯。寄り付き価格は、24400円で取引開始しました。予想以上に相場は堅調である。そして、序盤は「買い」に絞って、相場を観測していました。

しかし、10時入りする直前にて、「売り」出来高ボリュームが膨らんでいきました。ここは、短期的に考えても、価格の調整が行われるのではないか。そのように考えたので、「売り」に絞ることを検討しました。

02日(火)10:00分 「売り」エントリー建玉の分です。※画像編集が大変なので、売買約定を同時に貼り付けます(笑)。↓↓

新規24365円「売り」建玉は、「+100円」決済しました。新規ホールドしてから、わずか60分程度のスピード約定。やはり、下落の利益というのは、素早く取れるから良い。なんて、考えてしまいます。(笑)。

ただし、日経225先物の価格は、24000円を超えているわけです。つまり、ここから下落したとしても、短期的な調整に過ぎないのかも知れません。

当面は23850円~24450円辺りの価格帯にて、レンジ内トレードを検討しております。つまり、「買い」と「売り」のチャンスは5:5の比率であると考えております。

また、チャンスの場面があれば積極的に仕掛けていきたいと考えております。

2018年版 【日経225先物投資のバイブル】・限定50分動画です。5つの基本編。初心者のための相場感覚を身につける方法など。2018年版・新作を取り下ろしました。さて、当サイトでは、日経225先物の投資において上達するために、メールマガジン配信【無料】しております。

日経225先物の投資のおいて、百戦錬磨の必勝法は存在しないのであります。ただし、投資に対して、的確な戦略や心構えなど。チャートの右端に立った時、どのようにエントリーすれば良いのか?日経225先物の戦略⇒メールマガジン登録はコチラです。

さらに、【損切り編】・限定30分程度の動画を新たに取り下ろしました。多くの個人投資家は、損切りに関して寛容的なために、上手にロスカットできないのが現状です。

もっと上手に損切りできていれば、損失額を増やさずに済んだ。とか、相場の波に乗れずに、マイナス○○〇円に膨らんでしまったとか。損失になってしまう理由は、たくさんあります。

少しでも、損失額を減らそうと努力している方に必見です。新たに、30分動画【損切り編】取り下ろしましたので、メールマガジンへご登録して、ご覧になって見てはどうでしょうか。

日経225先物の戦略⇒メールマガジン登録はコチラです。