新規22375円「買い」建玉は、「+100円」決済しました。

新規22375円「買い」建玉は、「+100円」決済しました。

さて、本日の東京セッション・午前中の時間帯。寄り付き価格は、22520円で取引開始しました。そして、「買い」に絞って、相場を観測していました。

もし、大幅にギャップアップ「22650円」辺りで、取引が開始していたのであれば、「先行買い」したのかも知れません。

ただし、寄り付き直後より、価格は下落していくような雰囲気でした。しばらく、様子を見ていると22350円辺りまで、下落する場面が見られました。

この時点で、ダウ平均CFDは、26000ドルの節目まで接近していました。為替ドル円は、111.50円辺りまで接近していました。全体的な指標は下落していなかった。

ならば、正午過ぎにかけて「買戻し」が入るのではないか。そのように考えたので、新規22375円「買い」エントリーしました。

12日(水)12:37分 「買い」エントリー建玉の分です。※マネックス証券による、約定feedback通知メール添付します。

正午過ぎにかけて、若干の買戻しが入りました。これは、ロンドンセッションの時間帯において、さらに、買戻しが入るだろうと考えて、建玉を持ち越して決済しました。

新規22375円「買い」建玉は、「+100円」決済しました。新規ホールドしてから、わずか5時間程度。ある程度の満足感はあります。

さて、9月後半にかけて、日本の相場は上昇していくのでしょうか。まず、20日(木)・自民党総裁選の、投開票次第であると考えております。恐らく、安倍晋三が三選されることでしょう。そうなれば、外国人投資家が日本の市場へ戻って来る。そして、新規買いする可能性は高いです。

また、チャンスの場面があれば積極的に仕掛けていきたいと考えております。

2018年版 【日経225先物投資のバイブル】・限定50分動画です。5つの基本編。初心者のための相場感覚を身につける方法など。2018年版・新作を取り下ろしました。さて、当サイトでは、日経225先物の投資において上達するために、メールマガジン配信【無料】しております。

日経225先物の投資のおいて、百戦錬磨の必勝法は存在しないのであります。ただし、投資に対して、的確な戦略や心構えなど。チャートの右端に立った時、どのようにエントリーすれば良いのか?日経225先物の戦略⇒メールマガジン登録はコチラです。

さらに、【損切り編】・限定30分程度の動画を新たに取り下ろしました。多くの個人投資家は、損切りに関して寛容的なために、上手にロスカットできないのが現状です。

もっと上手に損切りできていれば、損失額を増やさずに済んだ。とか、相場の波に乗れずに、マイナス○○〇円に膨らんでしまったとか。損失になってしまう理由は、たくさんあります。

少しでも、損失額を減らそうと努力している方に必見です。新たに、30分動画【損切り編】取り下ろしましたので、メールマガジンへご登録して、ご覧になって見てはどうでしょうか。

日経225先物の戦略⇒メールマガジン登録はコチラです。