年初来高値更新中!!ソフトバンクグループ・NTTドコモ株価

さて、日経平均株価の構成銘柄である9984ソフトバンクグループ。そして、9437NTTドコモの株価。本日のザラバにおいて、一時期、年初来高値を更新しました。これは、とても快挙であります。

9984ソフトバンクグループの株価

4~6月の決算発表も好調でした。時価総額も日本の企業トップ10に入っております。とにかく、事業展開が早いので期待の銘柄となっております。

そして、9437NTTドコモの株価

こちらも、時価総額も日本の企業トップ10に入っております。さらに、日経平均株価において、主要な構成銘柄となっているわけです。

もしも、日銀による年間6兆円規模の「ETF買い」。この思惑が高まる時期になれば、真っ先に、9437NTTドコモの株価は、買い支えられていることでしょう。

とにかく、日本の企業は好業績であります。だからと言って、日経平均株価は大幅に上昇しているわけではない。何故でしょうか。

それは、外国人投資家主体のマーケットに理由があります。いくら、堅調に推移している株価であっても、外国人投資家による「買い」。これがなければ、一向に株価は上昇することはありません。

ただし、いつかは日本株の「見直し」が調整される時期が来るかもしれません。そうなれば、日経平均株価は23000円を超えることなる。それどころか、24000円を目指していくのではないか。

しかし、8月の相場観を考えると、そのような時期ではない。まだまだ、時期は遅いかも知れません。