米国市場24,924ドル・為替ドル円の市場においては、112.61円。

【米国市場】

米国のNYダウ平均株価・終値は、24,924ドル。とても、堅調に推移して行きました。さらに、ナスダック総合株価指数は、上場来高値を更新して行きました。

今週、一旦は、米中貿易摩擦の問題によって、リスク回避として下落して行きました。しかし、当面のレジスタンスラインである、24600ドルを超えております。

そして、ナスダック総合株価指数などは、当面の高値圏「7650ポイント~7800ポイント」辺り。ここを、レンジブレイク上値抜けております。

米国市場の主要な個別銘柄「フェイスブック・アマゾン・ネットフリックス・ペイパル・グーグル・マイクロソフト」など。とにかく、緩やかな右肩上がりへ上昇しております。

このまま、一旦は調整に時期に突入したとしても、再度上昇していきながら、高値を更新していくのでしょう。

【為替取引市場】

為替ドル円の市場においては、112.61円辺りで推移しております。

当面のレジスタンスラインである111円台を上回っております。現状は、米国の保護主義的な捉え方として「ドル買い・円売り」の進行が止まりません。つまり、円安進行しているという事であります。

このような出来事は、日本の主要な輸出関連株である自動車・家電関連銘柄など。あらゆるカテゴリーに対して、良い影響を与えることにもなるでしょう。実際に、6758ソニーなど。上場来高値を更新しております。