基本的に大引けにかけてエントリーは避ける方が無難である

日経225先物 大引けの説明画像

日経225先物において収益を向上させたいのであれば、基本的に日中の大引けにかけて新規建玉や含み損のまま持ち越しするのは避けた方が良いでしょう。

・日中 大引け  15:15
・夜間 最終取引 05:30

とくに日中の14:40~15:10まで大引けにかけての時間帯は注意が必要です。最後のトレードとばかりに張り切ってエントリーしてしまえば、難局を示す場面に遭遇して巻き込まれる可能性があります。

外国人投資家やヘッジファンドからすれば大引けにかけての動きというのは、単なるポジションの調整や手仕舞いの場面でしかありません。その時間帯に躍起になってエントリーするのはそもそも間違いなのです。

それは大引けにかけてのチャートを見れば一目瞭然です。始値に関しても言える事ですが、売買基準となるような指標がそもそも見当たらないのです。

何を基準に大引けエントリーしているのか?

もしも大引けにかけてエントリーしているのであれば、何を判断基準にしていますか?自身に問いかけてみてください。それが答えられるのであれば問題ありません。

しかし多くの個人投資家はこの質問に答えられないと思います。というよりも明確な答えなど投資にはありません。その代わりに明確な判断基準を計画してエントリーするのです。

5分足チャートの出来高を見れば活況度合いが分かります。もっとも活発に動いている時間帯は始値にかけてでしょう。次に活動的なのが大引けにかけてです。

・大引けにかけて上昇するだろうと思ったら下落する
・大引けにかけて下落するだろうと思ったら上昇する

こんな予測不可能なことは日常茶飯事に起こります。もちろん日中のザラ場においても同じことがいえるのですが、特に大引けに関しては超変化球を仕掛けてくるので注意が必要です。

損失を取り戻そうと欲を出し過ぎているのではないか?

そもそも大引けにかけて新規建玉を考えるというのは、日中のザラ場で損失が発生しているからではないでしょうか?

損失があるから引けにかけてなんとか取り戻そうとする。もしも損失を取り戻せることができたらどんなにスッキリして気持ちよい事でしょうか?

でもそれを達成できる確立って相当低いのではないでしょうか。むしろ損失を拡大してしまう確率の方が高いでしょう。

そもそも感情が冷静ではありませんから相場の雰囲気に呑まれている状態です。そんな状態では外国人投資家のターゲットにされるのが目に見えています。

木を見て森を見ていないから間違いを起こす

そもそも感情的になってしまっては取り返しのつかない状況に追い込まれるのが関の山です。仮に怒りや興奮をぶつけてトレードして得た利益なんて、長い投資の利益を考えると一過性の利益になり兼ねません。

日経225先物の市場に参加している以上はマイナス収支で終わってしまうのは仕方のない事です。それを一切の妥協をせずに受け入れる心意気が必要です。

人間は機械的なロボットではありませんから、心理的な感情を排除することはできません。なにかアクションがあればそれに反応するのは当然です。

損得勘定が激しくて敏感に反応してしまう個人投資家であれば気持ちを改めれば良いのです。もしかしたらそれを改善するためには相応の時間を要するのかもしれません。

目先の細かい修正だけを行おうとすると、最終的には長期的な計画が崩壊してしまいます。もっと目線や背景を広く捉える事が大切なんじゃないでしょうか?

相場はいつでもやっている

大切なのは市場から退場させられる事なく長期的に相場に参加できるような投資方法を身につける事です。

それか1ヶ月~3ヶ月くらいの中期的なスパンで投資に望まなければ利益の確保は難しいでしょう。それくらいゆっくりとした状態で相場を眺める事ができるかどうかです。

なので日経225先物はデイトレードは向いていません。それが得意であったり好むのであればFX市場へ参加すると良いでしょう。

FX市場においては参加者も多いです。日中・夜間を問わず活況があります。平日であれば24時間取引できます。とても魅力的な市場です。

でも私はFX市場に参加したりはしません。何故かといいますとプロフェッショナルな上級者向きの市場だからです。

自分が得意とする場面まで待つことが大切である

何度か説明していますが相場のチャンスなんて滅多にありません。まして日中を1日として考えた場合には、相場のチャンスが無いケースの方が多いはずです。

そこを無理に参加しようとして利益を確保しようとするから損失になってしまうのです。ゼロサムゲームで有ったり、売りか買いかの丁半博打でもありません。

例えば今までに利益を確保する事ができた場面を思い出してください。
・建玉の量
・利益の幅
・参加した時間帯
・その時の心理状態
・メンタルコンディション

収益が積み重なって向上している時は何か共通点があるはずです。つまり得意な場面にてエントリーしている可能性が高いのです。