投資で儲けるためには「自分の時間」を捧げる必要がある

日経225先物の投資において、利益を追求する為には、マーケットに時間を費やす必要があります。当然のことながら、短い時間で高い利益が追求できれば、何も問題はありません。

しかし、相場の値動きというのは「強弱」を付けながら変動していくものです。連日で、価格は上昇し続けて行ったり、逆に、価格が下落し続けて行ったり。時には、価格はストップして、停滞一服していったりなど。

とにかく、何らかの要因によって、上下の変動を繰り返しているのであります。なので、毎回のように、「不確実性の値動き」を、確実に捉えることは、不可能という事なのでしょう。

もしも、相場において収益を向上したかったり、利益確保のポイントを増やしたいのであれば、自分自身の時間を、なるべく投資の時間に捧げなければならないでしょう。

個人投資家の「強み」は時間軸を味方にする事である

例えば、外国人投資家たちやヘッジファンドディーラーたちなど。自分本位で、トレードする事はないでしょう。少なくとも、各企業の業績を向上させるために、厳しいトレードルールに基づいて、売買しているわけであります。

つまり、建玉の量、ホールドする時間的制約に縛られながら、的確なポジションをホールドして、毎回、同じような場面にて「利食い」しなければならない。

一方、個人投資家であれば、時間的な制約などありません。自分自身で設定した時間軸を考えながら、いつ、新規エントリーすれば良いか。いつ、決済「利食いor損切り」すれば良いかなど。とにかく、最終的には、自分自身で判断することが出来るのであります。

なので、ある程度の時間を、投資に対して費やすことが出来れば、利益を向上するチャンスも増えるという事なのでしょう。それが、スイングトレードの手法につながるわけであります。

「損切り」をマイナス時間と捉えると成長はしない

日経225先物の投資においては、継続する以上は、必ず「損切り」する場面に遭遇します。そして、「損切り」行為というのは、いつになっても、慣れるようなモノではありません。

なぜならば、自分自身の戦略が間違っていたことを受け入れなければならない。同時に、損失額を受け入れなければならないのです。投資において、受け入れたくない部分を、同時に実行しなければならないのです。

人間というのは、感情的な行動に対しては、敏感に反応するモノです。「負」の出来事というのは、トラウマにさえなり兼ねない行為なのです。本当に、投資の世界は厳しいのです。

もしも、損切りに迫られる場面になってしまったら、受け入れる覚悟が必要です。メンタル的な部分を回復するために、ある程度の時間が必要なのです。

ましてや、興奮して、自分本位のトレードから逸脱しないことが大切です。ちなみに、「途転」、「ナンピン」、「建玉の量」を増やしてしまうなど。早急に、損失額を取り戻したいという、欲求行為の現れなので、とても危険な行為であります。

時間を「惜しまない」という覚悟を決めなければならない

現実的な社会においては、利益を追求する為には、短時間で効率よく改善することを望みます。しかし、投資の世界においては、「効率的」=「利益」になるというわけではありません。

しかし、「投資に費やした時間」=「利益」になるとも限りません。そういう事であれば、一層のこと、時間を惜しまない。という、覚悟が必要なんじゃないでしょうか。

どんなに時間を費やせば、常勝トレーダーになれるのか分かりません。ただし、一度でも、日経225先物のマーケットに踏み入れたのであれば、とことん、向き合う価値はある。私は、そう考えております。