「売り」建玉が儲からないのは「ジリ高」相場に発展しているからである

日経225先物の投資において、直近のチャート相場を観測したときに、高値圏であることに気づくことがあります。どういうことかと言いますと、出来高ボリュームが少ないのに、ジリジリと、価格が上昇していくパターンの事です。

このような相場を「ジリ高」相場なんて言われたりもします。この場面において、価格の調整を行っている最中なので、いつ下落してもおかしくないようなチャートに見えてくるのです。

その時に、賢い個人投資家や、テクニカル分析に詳しいトレーダーは「売り」を検討する事でしょう。なぜならば、当面の高値圏にて停滞しているのであれば、ある程度の時間軸によって価格は下落することが「先読み」できるからです。

確かに、ある程度の高値圏で「売り」エントリーすれば、利益を追求できる場面かも知れません。しかし、いざ「売り」エントリーしてみると、意外に儲からないことに気が付くことでしょう。

ジリ高相場になると「売り」建玉はどんどん踏みあげられる

基本的に、ジリ高相場というのは、「売り」材料が見当たらない相場に起こりやすいです。最近においては、各国の首脳会談が控えていたり、サミットや閣僚会議などが控えている時期など。

誰もが注目している場面において、外国人投資家は「売り」検討することなど、ほとんどないという事なのでしょう。だからと言って、「買い」材料となるような、サプライズなど起こりえない相場にもなります。

つまり、どちらにおいても進行方向が定まっていない場面。だから、価格は時間をかけて、ゆっくりと、上昇していくのであります。

もしも、このような場面で「売り」入れるという事は、「天井」を当てようとする行為と同じことになります。そうなると、結局は、自分の売り建玉は踏み上げられて、損切りする場面まで迫られるのかもしれません。

時間はかかるけど「ジリ高」相場は「買い」目線の方が楽である

ここが天井であると考えて、「売り」を検討するとします。そして、絶妙なタイミングでエントリーできた場合は、頭のてっぺんから利益を追求することができるでしょう。

しかし、天井の時期というのは、いつ起こるのかはわかりません。外国人投資家や、大手のヘッジファンドディーラーたちは、天井を当てようとする事はしません。確率的に考えても、「売り」急ぐ必要などないことを熟知しているからです。

しかも、タイミング良く、天井が当たったからと言って、そこから大幅に利益を追求する事ができるかどうか疑問なのであります。結局のところ、早期に「利食い」したい欲求が優先してしまい、せいぜい「+100円」程度の利益で、利食いしてしまうのが関の山なのでしょう。

相場というのは、一見すると儲かり相場チャートに見えて、実は「ワナ」となるチャートに発展する可能性が高いのであります。

つまり、価格は高値圏でしばらく停滞する状況を考えれば、誰であっても「売り」エントリーの衝動に駆られます。でも、そういう時こそ、「買い」に目線を絞ったほうが、意外と利益を追求できるのかもしれません。

やがて「ジリ高」相場が終焉を迎えると価格は「下落」していく

どんなに景気が良い相場であっても、やがて価格はストップするわけです。そして、いままで「買い」圧力によって、ジリジリと上昇していた相場に終焉を迎える時が来るわけです。

そうなった時に、いよいよ外国人投資家たちは本気を出して「売り」圧力の相場へと、変更させるのであります。つまり、上昇し続ける相場は存在しない。逆に、下落し続ける相場も存在しません。

どこかの場面にて、価格は停滞してストップする。そして、上下を繰り返してレンジを形成していくのであります。相場というのは、そういうものであります。

さまざまな、テクニカル指標を用いて価格を分析することは大切です。そして、政治的、経済的情報を収集して、価格を分析することも大切です。それでも。いつ、上昇相場が終焉を迎えるかは分かりません。いつ、下落相場に発展するかもわかりません。

ここは、天井を当てようとする考え方を捨て、「長い物には巻かれよ」。そう伝えてきた、先代の教訓と知恵。いわば、「格言」という言葉を、物差しに考えていた方が無難なかもしれません。

もしも相場の「先読み」に困った場合。そこは、敢えて難しく考えずに、シンプルに相場を捉えてみる。時にはそのような考え方も大切なのかもしれません。