06月01日(金)の相場観 日経225ミニ先物投資 5分足チャート分析

本日、【午前中】日経225ミニ先物のチャート観測になります。

さて、相場は6月に突入しました。今月は、NYダウ平均株価、為替ドル円など、安定していくのでしょうか。そして、来週より、各国の首脳会談が控えております。7日(木)・日米首脳会談。8日(金)・主要7か国首脳会談サミット。12日(火)・日朝首脳会談の検討。

このように、首脳会談が控えている相場というのは、「売り材料」は見当たらなくなります。もしくは、ネガティブ材料が出たとしても「相殺」されて、価格は下落しずらい相場でもあります。

再度、価格の上昇へ弾みをつけるきっかけ相場にもなります。しかし、このチャンスを逃すことになれば、下値模索の展開が懸念される場面でもあります。短期的に、価格は上下にぶれる可能性もあるので、建玉をホールドする場合は十分に注意が必要です。

【米国市場】

米国のNYダウ平均株価・終値は、24,415ドル。節目である24500ドルを割れて、軟調に推移して行きました。構成30銘柄中29銘柄が下げました。

NYダウ平均株価・構成30銘柄は好業績なのであります。「アップル、ウォルトディズニー、ゴールドマンサックス、インテル、マイクロソフト、ナイキ」など。

短期的には、上下を繰り返しておりますが、中期的に見ると「右肩上がり」の相場となっております。つまり、一旦は調整したとしても、再度上昇するパターンを繰り返しているのであります。

【為替取引市場】

為替ドル円の市場においては、109円10銭辺りで推移しております。当面のレンジは、108円00銭~109円50銭辺りを想定しております。

本日、21時30分より米雇用統計の発表が控えております。この発表次第では、上下に乱高下する可能性もあるので注意が必要です。

FX取引というのは、どうしても投機的な値動きになってしまうのが特徴的でもあります。つまり、レバレッジ倍数も高いので、価格の乱高下が激しいマーケットという事です。

【日経225ミニ先物】

昨日、日経225ミニ先物の価格においては、「22010円~22270円」辺り。安値圏に向かって、下落する場面が見られました。

さて、現在22300円辺りまで、上昇しながら回復しております。日経平均225種の銘柄において、短期的に「買い」注文が殺到しております。このまま、踏ん張ることが出来れば、堅調推移の相場に戻すことが出来るでしょう。

しかしながら、正午すぎて価格が「戻り売り」になってしまった場合。下落の加速に、歯止めがかからない状況となってしまいます。

さて、ここから価格はどうなっていくのでしょうか?それでは、本日の相場状況などを含めて動画をご覧ください!

メールマガジン【全7話】無料配信+【50分+30分・動画解説】付き

2018年版 【日経225先物投資のバイブル】・限定50分動画です。5つの基本編。初心者のための相場感覚を身につける方法など。2018年版・新作を取り下ろしました。さて、当サイトでは、日経225先物の投資において上達するために、メールマガジン配信【無料】しております。

日経225先物の投資のおいて、百戦錬磨の必勝法は存在しないのであります。ただし、投資に対して、的確な戦略や心構えなど。チャートの右端に立った時、どのようにエントリーすれば良いのか?日経225先物の戦略⇒メールマガジン登録はコチラです。

さらに、【損切り編】・限定30分程度の動画を新たに取り下ろしました。多くの個人投資家は、損切りに関して寛容的なために、上手にロスカットできないのが現状です。

もっと上手に損切りできていれば、損失額を増やさずに済んだ。とか、相場の波に乗れずに、マイナス○○〇円に膨らんでしまったとか。損失になってしまう理由は、たくさんあります。

少しでも、損失額を減らそうと努力している方に必見です。新たに、30分動画【損切り編】取り下ろしましたので、メールマガジンへご登録して、ご覧になって見てはどうでしょうか。

日経225先物の戦略⇒メールマガジン登録はコチラです。

☆日経225先物のランキングに参加しております(^◇^)。
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ
にほんブログ村