新規建玉22550円 「売り」の理由と決済

新規建玉22550円 「売り」の理由と決済

24日(木)09:26分 新規建玉22550円 「売り」エントリーしました。※マネックス証券による、約定feedback通知メール添付します。

「売り」の理由

24日(木)・東京セッションの寄付き価格は22635円でした。当面の節目である22650円近辺でした。もしも、再度上昇することができれば、23000円の方向へ修正していく。そのように上昇目線で考えておりました。

しかしながら、寄り付き直後になって上昇することなく、下落していきました。つまり、一旦は再度下落の方向へ進むのではないのか。そのように考えたので、新規建玉22550円 「売り」エントリーしました。

24日(木)・22420円にて決済 「+130円」の利益

さて、昨日は「+170円」の利益を確保しました。その繋ぎとして、「売り」目線に絞って「+130円」の利益を確保しました。わずか、2日間で合計「+300円」の利益を確保しております。

このように、下落する時のスピードはハイペースであります。しかし、「売り」の局面というのは、毎回起こるわけではありません。

なので、今回は短期的に「売り」絞っただけであり、あくまで「買い」目線の方向性は変わっておりません。どこかの場面で価格はストップする。そして、再度上昇していくのが相場の定石というものであります。

また、チャンスの場面があれば積極的に仕掛けていきたいと考えております。

2018年版 【日経225先物投資のバイブル】・限定50分動画です。5つの基本編。初心者のための相場感覚を身につける方法など。2018年版・新作を取り下ろしました。さて、当サイトでは、日経225先物の投資において上達するために、メールマガジン配信【無料】しております。

日経225先物の投資のおいて、百戦錬磨の必勝法は存在しないのであります。ただし、投資に対して、的確な戦略や心構えなど。チャートの右端に立った時、どのようにエントリーすれば良いのか?日経225先物の戦略⇒メールマガジン登録はコチラです。

さらに、【損切り編】・限定30分程度の動画を新たに取り下ろしました。多くの個人投資家は、損切りに関して寛容的なために、上手にロスカットできないのが現状です。

もっと上手に損切りできていれば、損失額を増やさずに済んだ。とか、相場の波に乗れずに、マイナス○○〇円に膨らんでしまったとか。損失になってしまう理由は、たくさんあります。

少しでも、損失額を減らそうと努力している方に必見です。新たに、30分動画【損切り編】取り下ろしましたので、メールマガジンへご登録して、ご覧になって見てはどうでしょうか。

日経225先物の戦略⇒メールマガジン登録はコチラです。