【その28】日足チャートから全体を絞り込んで繰り返しシンプルにポイント抑えてトレードする

【日経225先物の戦略・その28】 ※過去、好評だった【記事+動画】をご覧ください。

ちなみに、現在においても、以下のような内容を【投資の戦略】に役立てております。↓↓

前回は、日足チャート「大陽線」、「大陰線」に対しての「順張り」は注意である。という事を解説しました。今回は、日足チャートをシンプルに捉えて、売買ポイントを見つけるという事を解説していきます。

ちなみに、日経225先物を投資する時に、チャートを閲覧する事は必須であります。その中にある部分。「ローソク足」の値動きが、どのように変化していくのか?という事に、注目しているのであります。

もしも、投資の戦略を計画するようであれば、過去の3年分程度の日足チャートを振り返って見てください。そこから、相場の癖になるモノが見えてくるのかも知れません。

つまり、日足チャートというのは、とてもシンプルに出来上がっているという事に気づくでしょう。例えば、60分足チャート・5分足チャートなどは、「ダマし」と仕掛けがいっぱいあるのであります。

しかし、日足チャートに関しては、時間軸が中期的or長期的であるために、ダマしの可能性が低い。つまり、シンプルな値動きが、繰り返される可能性の方が高いという事であります。

自分自身で、トレンド判定ができるようになれば、ある程度の「先読み」ができるようになるのかも知れません。それは、数値のようなモノではなく、経験や勘といったセンスによって理解できるようになるのであります。

それでは、動画をご覧ください。⇒