【その21】基礎的なことを何度も繰り返す・覚える・実行する。これ以上の勉強をする必要はなし

【日経225先物の戦略・その21】 ※過去、好評だった【記事+動画】をご覧ください。

ちなみに、現在においても、以下のような内容を【投資の戦略】に役立てております。↓↓

日経225先物のトレードをする時に、過去のチャートがどのように変動していったのか?そして、値動きの原因が何であったのか?など。様々な分析にかけて、検証したりするわけです。

そこから、われわれ個人投資家たちは、チャートの右端に立って、新規建玉の位置を決定するのであります。もしも、何度も「損切り」するような場面が繰り返されているのであれば、検証に「エラー」サインが出ている証拠であります。

その時は、再度見直して、「規律あるトレード」に改善する必要があるのでしょう。逆に、何事もなく、収益を改善することができているのであれば、何度もトライする必要があるという事であります。

つまり、日経先物のトレード方法として、収益を向上させるためには、同じような方法によって売買する。そして、何度も改善していくという繰り返しなのであります。

そうすることによって、自分自身のトレード方法に磨きがかかっていくのであります。ここまで改善することができれば、「規律的なトレード方法」を確立することができるのかも知れません。

それでは、動画をご覧ください。⇒