【その17】トレードする時は不安や恐怖と必ずお付き合いしていかなかければならない

【日経225先物の戦略・その17】 ※過去、好評だった【記事+動画】をご覧ください。

ちなみに、現在においても、以下のような内容を【投資の戦略】に役立てております。↓↓

日経225先物において、トレードする時には、「不安」や「恐怖」などの感情的な部分が付いてくるのであります。それは、この先もトレードを継続する以上は必須なのであります。

なぜならば、われわれ個人投資家たちは、チャートの右端に立って、価格を予想しなければならないからです。

つまり、未来の価格を確定できないので、不安や恐怖に陥ることは当然であるという事です。そして、外国人投資家でさえ、トレードについて回る感情的な部分と、お付き合いしているのです。

しかし、彼らの違いとは、感情的な部分を「飼い慣らしている」といったところでしょうか。なので、どんなことがあろうとも、最悪のシナリオを用意しながらコントロールしているのでしょう。

それでは、動画をご覧ください⇒