【その8】いくら儲けることができるのか?ではなくどれだけ規律あるトレードができたのかについて注目する

【日経225先物の戦略・その8】 ※過去、好評だった【記事+動画】をご覧ください。

ちなみに、現在においても、以下のような内容を【投資の戦略】に役立てております。↓↓

日経225先物の投資において、大切なことは収益を向上させることであります。つまり、どれだけ利益を出して、たくさん儲けることができるのか?という意味であります。

そして、なぜ投資を始めたのか?という、当初の目的を思い出してください。経済の勉強のためでしょうか。それとも、チャートを分析することが好きだからでしょうか。それは、利益を積み重ねられたあとに付いてくる発想であって、建前の話であります。

本音はそうではなく、すべての個人投資家において言えることは、資産運用のために始めたのが理由である。という事で、恐らく間違いないでしょう。

それは、当然の行為であります。それでは、投資の世界において、儲けたいという気持ちをどのように表現すればよいのでしょうか?

それは、規律的なトレード方法によって表現しなければならないという事でしょう。つまり、どれだけ儲けることができるのか?という計算するのではなく、どれだけ同じトレード方法を、反復して収益を向上させることができるのか?ということに着目しなければなりません。

そして、相場の状況を自分の都合の良い方へ考えてはならないという事です。つねに、危険を感じたり、違和感を感じるようであれば、エントリーをストップさせたり、ポジションを解消しなければなりません。

逆に、相場の雰囲気が追い風になっているのであれば、ポジションを積み重ねていくことも必要であります。このように、相場の状況によって変化させることも大切であります。

それでは、動画をご覧ください⇒