【その7】トレードにおいて常に心理的な部分を意識しなければならない

【日経225先物の戦略・その7】 ※過去、好評だった【記事+動画】をご覧ください。

ちなみに、現在においても、以下のような内容を【投資の戦略】に役立てております。↓↓

日経225先物の投資をするときには、心理的な部分を意識しなければなりません。どういう事かと言いますと、トレードする時には、必ず欲望が付いてくるという事です。

それは、過信、傲慢、自己中心的、焦り、恐怖、怒りなど。マイナスの要素ばかり目立つことでしょう。投資というのは、そういうものなのであります。

時には、心理的な部分が追い風になってプラスの要素として働きかけるかも知れませんが、それは、ごく稀なケースなのであります。

たいていの場合は、何らかの要因によって左右されて、自分の都合の良い方へトレード方法を変更してしまいます。

特に、TVやメディア、ニュースなどの情報を、そのまま受け入れてしまう個人投資家が多いのも事実であります。それは、チャートを見れば一目瞭然です。

TVやメディア、ニュースなどの情報などは、とても正確なのであります。しかし、彼らは情報伝達のプロであって、投資のプロではありません。

受動的に情報を取り入れようとする姿勢になってしまうと、そのまま情報を鵜呑みにしてしまい、取り返しのつかない事にもなりかねません。

それでは、動画をご覧ください。⇒