【その2】上昇トレンドは「買い」、下落トレンドは「売り」だけに絞り込むことも大切である

【日経225先物の戦略・その2】 ※過去、好評だった【記事+動画】をご覧ください。

ちなみに、現在においても、以下のような内容を【投資の戦略】に役立てております。↓↓

日経225先物の投資方法というのは、新規建玉をエントリーする場合に「買い」でも「売り」でも選択できるわけです。つまり、どちらの方向からでも利益を追求することが出来ます。

一見すると、株式投資よりも収益を改善しやすい様に感じることでしょう。しかし、その分の損失リスクも、非常に高いという事であります。

つまり、トレンド判定を的確に判断して、相場の波に乗れなかった場合は、高確率で損失の連鎖に巻き込まれてしまう可能性があります。

・上昇トレンドの状況で「売り」を検討する ×
・下落トレンドの状況で「買い」を検討する ×

当然ながら、両方の建玉にて利益を追求できれば理想的なのですが、相場というのは、そんなに簡単なものではないという事であります。それは、チャートを見れば一目瞭然です。

では、どうすればよいのでしょうか?それは、トレンドの状況が判定できたのであれば、どちらか一方だけに的を絞って、「買い」or「売り」のみエントリーするとよいでしょう。

まずは、こちらの動画をご覧下さい⇒