新規建玉22490円 「買い」の理由と決済

さて、日経225先物の価格は、22350円~22550円の価格帯で停滞しておりました。そして、本日の東京セッションの時間帯。上値レンジブレイクを達成しております。

このように、高値圏で停滞している場合は、高確率で上値トライする可能性が高い。そして、現状のマーケット相場を考えると、「売り」材料が見当たらない相場でもあります。

ちなみに、5月は、各国の首脳会談の開催オンパレードであります。そして、米韓首脳会談、米朝首脳会談も控えております。

さらに、GWを通過したあとも、日経225ミニ先物の価格は下落することはありませんでした。そのような相場感を考慮して、08日(火)23:00分 新規建玉「買い」エントリーしました。※マネックス証券による、約定feedback通知メール添付します。

「買い」の理由

何故、このような早期な時期において、新規22490円「買い」の建玉をエントリーして、今までホールド中にしていたのかと言いますと、「高値圏」停滞という相場は、上値トライの可能性が高いからです。

さらに、NYダウ平均株価は、GW中に23500ドルの底値を打って反発して行きました。為替ドル円に関しても、GW中に109円台を回復していきました。日経225先物の価格は、GW通過後にもかかわらず、ギャップ差はなく安定しておりました。

このような「買い」材料が揃うことは珍しいケースでもあります。あとは、時間軸を味方につければ、自然に上昇していくであろう。そのように考えたので、適度な場面にて、新規22490円「買い」の建玉をエントリーしました。

利益確定「+250円の利益」

先程、12:50分 22740円にて利益確定「+250円」済ませております。当然のことながら、まだまだ、価格は上昇していく可能性もあります。

ただし、わずか、4営業日のホールドで「+250円」確保できた事。そして、方向性があっていたことによって、「買い」絞った建玉が、利益確定になったので、ある程度の満足感はあります。

ここから、チャンスの場面があれば積極的に仕掛けていきたいと思います。

2018年版 【日経225先物投資のバイブル】・限定50分動画です。5つの基本編。初心者のための相場感覚を身につける方法など。2018年版・新作を取り下ろしました。さて、当サイトでは、日経225先物の投資において上達するために、メールマガジン配信【無料】しております。

日経225先物の投資のおいて、百戦錬磨の必勝法は存在しないのであります。ただし、投資に対して、的確な戦略や心構えなど。チャートの右端に立った時、どのようにエントリーすれば良いのか?日経225先物の戦略⇒メールマガジン登録はコチラです。

さらに、【損切り編】・限定30分程度の動画を新たに取り下ろしました。多くの個人投資家は、損切りに関して寛容的なために、上手にロスカットできないのが現状です。

もっと上手に損切りできていれば、損失額を増やさずに済んだ。とか、相場の波に乗れずに、マイナス○○〇円に膨らんでしまったとか。損失になってしまう理由は、たくさんあります。

少しでも、損失額を減らそうと努力している方に必見です。新たに、30分動画【損切り編】取り下ろしましたので、メールマガジンへご登録して、ご覧になって見てはどうでしょうか。

日経225先物の戦略⇒メールマガジン登録はコチラです。