新規建玉21600円 「買い」の理由と決済

14日(水)12:32分 新規建玉21600円 「買い」エントリーしました。※マネックス証券による、約定feedback通知メール添付します。↓↓

「買い」の理由

14日(水)・東京セッションの寄付き価格は21560円でした。ちなみに、前日の夜間セッションの時間帯は、21900円まで上昇して行きました。そこから、21530円まで下落していきました。当面、安値圏での気配値を引き継いだという型になります。

そこから、一旦21700円まで上昇してきました。しかし、上昇の継続はなく、正午過ぎになりました。だからといって、21500円の節目を大幅に割れることはありませんでした。

なので、再度、大引けに向けて反発上昇するであろうと考えて、12:32分 新規建玉21600円 「買い」エントリーしました。しかし、上昇する事はありませんでしたので、大引けの手前時間帯で、同値撤退「±0」円の決済となりました。

ここ最近は、連日でチャンスの場面があれば新規エントリーしております。結局のところ、価格は上昇するけれども、いったんは21500円まで戻っていく。しかし、再度21800円辺りまで上昇するという繰り返しが継続しております。

ただ、そろそろ価格の値動きがありそうです。今回、同値撤退して感じたことは、上値が重い印象である事。つまり、当面の安値圏21500円~21600円辺り。

この辺りを、早急に回復して上抜けて行かなければ、「売り」優勢の状態となって、大幅に下落していく可能性もあるので注意が必要です。

2018年版 【日経225先物投資のバイブル】・限定50分動画です。5つの基本編。初心者のための相場感覚を身につける方法など。2018年版・新作を取り下ろしました。さて、当サイトでは、日経225先物の投資において上達するために、メールマガジン配信【無料】しております。

日経225先物の投資のおいて、百戦錬磨の必勝法は存在しないのであります。ただし、投資に対して、的確な戦略や心構えなど。チャートの右端に立った時、どのようにエントリーすれば良いのか?日経225先物の戦略⇒メールマガジン登録はコチラです。

さらに、【損切り編】・限定30分程度の動画を新たに取り下ろしました。多くの個人投資家は、損切りに関して寛容的なために、上手にロスカットできないのが現状です。

もっと上手に損切りできていれば、損失額を増やさずに済んだ。とか、相場の波に乗れずに、マイナス○○〇円に膨らんでしまったとか。損失になってしまう理由は、たくさんあります。

少しでも、損失額を減らそうと努力している方に必見です。新たに、30分動画【損切り編】取り下ろしましたので、メールマガジンへご登録して、ご覧になって見てはどうでしょうか。

日経225先物の戦略⇒メールマガジン登録はコチラです。