03月07日(水)の相場観 日経225ミニ先物投資 5分足チャート分析

本日、【午前中】日経225ミニ先物のチャート観測になります。さて、早朝の取引時間外において、ダウ平均CFDが大幅に下落していきました。

そして、為替ドル円においては、中期的に円高方向が継続しております。そんな中で、日経225先物の価格も、大幅に下落して取引を開始しております。今週は、波乱の相場が継続する可能性もありますので、建玉をホールドする場合は注意が必要です。以下、重要な指標です。

08(木) 21:45 ECB政策金利の発表
09(金) 09:00 MSQの暫定値が決定
09(金) 正午過ぎ 日銀金融政策決定会合の発表
09(金) 22:30 米雇用統計の発表

【米国市場】

米国のNYダウ平均株価・終値は、24,884ドル。堅調に推移して行きました。しかし、ダウ平均CFDは、24500ドル辺りまで価格が乱高下しております。

ただし、下落した場面では「買い支え」が入る米国市場です。そして、大型の30種から構成されているので、変動幅が激しい傾向にあります。

さらに、ザラバのストップ制限もありません。なので、1日で上昇する時は500ドル以上、上昇したりします。逆に、下落する時は500ドル程度、下落する時もあります。

今週はとにかく、値動きが荒いような状況も想定されます。米国に輸出される鉄鋼、アルミなどに関税率を課す。恐らく、今週中に正式な発表があるでしょう。その発表次第では、NYダウ平均株価は、回復する可能性もあります。

【為替取引市場】

FX為替ドル/円・105円77銭辺りで推移してます。中期的に考えても、円高傾向にあります。時間が経過するほど、円安方向へ戻すことが困難となっております。

03日(金)・105円24辺りまで、円高進行しました。反発の展開があっても、おかしくない価格帯でもあります。しかし、一向に円安方向へ戻すことがないのが現状であります。

徐々に、円高のラインを下回っておりますので、105円割れ、104円割れなど・・・。このまま、歯止めがかからない状態となる可能性もあります。

【日経225ミニ先物】

※8日(木)の東京セッションの時間帯。限月が入れ替わりますので、本日より、6月限の価格にて解説いたします。

本日、寄り付き価格は、21165円。夜間セッションの終値から350円程度のギャップダウン差により、取引を開始しました。

そして、現在は、21200円辺りで推移しております。現状を考えれば、買い支えている印象です。なので、「押し目買い」のチャンスなのですが、水、木、金の3営業日。重要な指標が控えておりますので、「買い」と「売り」の両方から仕掛けの可能性も考えられます。

そんな中で、建玉を入れたとしても、難局を示す相場に巻き込まれる可能性もあるので注意が必要です。

さて、ここから価格はどうなっていくのでしょうか?それでは、本日の相場状況などを含めて動画をご覧ください!

メールマガジン【全7話】無料配信+【50分+30分・動画解説】付き

2018年版 【日経225先物投資のバイブル】・限定50分動画です。5つの基本編。初心者のための相場感覚を身につける方法など。2018年版・新作を取り下ろしました。さて、当サイトでは、日経225先物の投資において上達するために、メールマガジン配信【無料】しております。

日経225先物の投資のおいて、百戦錬磨の必勝法は存在しないのであります。ただし、投資に対して、的確な戦略や心構えなど。チャートの右端に立った時、どのようにエントリーすれば良いのか?日経225先物の戦略⇒メールマガジン登録はコチラです。

さらに、【損切り編】・限定30分程度の動画を新たに取り下ろしました。多くの個人投資家は、損切りに関して寛容的なために、上手にロスカットできないのが現状です。

もっと上手に損切りできていれば、損失額を増やさずに済んだ。とか、相場の波に乗れずに、マイナス○○〇円に膨らんでしまったとか。損失になってしまう理由は、たくさんあります。

少しでも、損失額を減らそうと努力している方に必見です。新たに、30分動画【損切り編】取り下ろしましたので、メールマガジンへご登録して、ご覧になって見てはどうでしょうか。

日経225先物の戦略⇒メールマガジン登録はコチラです。

☆日経225先物のランキングに参加しております(^◇^)。
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ
にほんブログ村