新規建玉21040円 「売り」の理由と決済

5日(月)10・35分 新規建玉「売り」エントリーしました。※画像クリックして拡大できます。↓↓

「売り」の理由

5日(月)・東京セッションの寄付き価格は21020円でした。そこから、一気に21150円まで上昇して行きました。しかし、価格が折り返して行ったところ「転換期」と判断しました。

早めに「売り」エントリー決断していれば、100円以上の利益を確保できたかも知れません。しかし、様子を見たかった為に、遅れながらも10・35分 新規建玉「売り」エントリーしました。

あらかじめ、21000円割れを狙った「売り」エントリーだったので、早めに利益確定「+80円」にて決済しました。

今週は、価格の乱高下に注意が必要です。しかし、エントリーポイントさえ判断できれば、あとは決断するだけです。方向性が間違っていなければ、適度な場面で利益を追求できるでしょう。

しかし、進行方向が間違っていれば、大幅な損失になってしまうので、注意が必要という事であります。