02月23日(金)・【早朝】トレード指標などの確認です

おはようございます。日経225先物「UTA」です。本日、【早朝】トレード指標などの確認です。さて、日経225先物の価格は、当面のレンジであった21800円~22100円辺り。このレンジ内から、価格は下抜けている状態です。

クレディスイス証券は、累積で、Large12000円の売り越しです。早期に、22000円辺りまで回復しなければ、売り仕掛けしやすい相場になってしまう可能性もあります。

【米国市場】

米国のNYダウ平均株価・終値は、24962ドル。取引時間帯では、25000ドルを超えて推移しておりましたが、結局は、大引けにかけて25000ドルを割れて、取引を終了しております。

NYダウ平均株価は、02月08日(木)・終値は23860ドル。そこから、24000ドルを回復させて、さらに、25000ドルを回復していきました。

このまま、25000ドルの攻防戦をクリアして、価格を維持することが出来れば、ゆっくりと米国株は回復していくのでしょう。それだけ、個別銘柄を見ても、米国株は強いという事であります。

【為替取引市場】

FX為替ドル/円・106円70銭「AM08:00」辺りで推移してます。再度、円高方向へ進行しております。

為替ドル/円は、2017年09月08日(金)・107円30銭~80銭辺り。当面の安値圏であるサポートラインより、さらに円高進行しております。

徐々に、円高のラインを下回っておりますので、106円割れ、105円割れ、104円割れなど・・・。このまま、歯止めがかからない状態となる可能性もあります。

【夜間セッションの時間帯】

日経225ミニ先物の価格・終値は、21690。ロンドンセッションより、21600円~21750円のレンジ内を形成していました。そして、一時期21875円まで上昇して行きました。

しかし、大引けにかけてNYダウ平均株価が下落したこともあり、日経225先物の価格も釣られて行き、21630円まで下落する場面が見られました。

本日、東京セッションにて22000円を回復することが出来るのか。それとも、21500円辺りまで下落しまうのか。価格の進行方向と値動きに注目しております。

【昨日・東京セッションの時間帯】

さて、昨日の午前中・東京セッションのブログ記事をご覧ください ↓↓

本日、日経225ミニ先物の終値・21660円でした。そして、日経平均株価の終値・21736円でした。1日のチャートの流れを見ると、大幅なギャップダウン差「165円」でスタートした後、完全な「売り」バイ.........