価格が上下に変動しているトレード中は何が起きているのか分からない

nikkei225img-1215

日経225先物の投資において、価格というのは常に上下に変動したりするわけであります。そして、時々は一服停滞します。それらの値動きが繰り返されて、チャートというのが出来上がるわけです。

そこには、熾烈な「買い」と「売り」の攻防戦が繰り広げられているのです。その売買バランスによって、「買い」圧力が強ければ上昇します。そして、「売り」圧力が強ければ下落するわけです。それが価格の変動というモノです。

それでは、何故あの時に、価格は変動したのでしょうか。その原因というのは、必ずあるわけです。そして、その理由というのは、後からでしか分かりません。

つまり、トレードしている最中に、知ることは出来ないという事であります。そのように情報が模索されて、原因が明らかになっていない状態の中で、日経225先物の売買をしなければならないという事であります。

投資というのは、そういうマーケットなのです。毎回、原因が明らかになってから売買したとしても、乗り遅れてしまうのは関の山なのです。

個人投資家において、よくあるパターンとして、メディアやTV、新聞などの情報を待ってから売買を仕掛けること。この状態を継続するようであれば、確実に相場の変動について行けないのです。

それよりも、外国人投資家のターゲットにされてしまうのが目に見えております。相場の格言に「噂で買って、事実で売る」。まさに、ピッタリの言葉であります。

不確実な情報の中で売買できるかどうか問題である

価格が変動した理由は、後から知ることになります。なので、トレードしている最中というのは、何が起こるか分かりません。つねに、リスクというのが背景にあるわけです。

例えば、「買い」に絞ったとして新規エントリーします。その後、一向に価格が上昇する事なく下落していく。何か、価格の異変に気付くことができれば、早い段階で損切りする事ができます。

逆のパターンも考えられます。「売り」に絞ったとして新規エントリーします。しかしながら、価格が徐々に踏みあげられていき、下落する事がない。そこで、上昇の波に呑まれているので、新規エントリーの方向性が間違っている。そのように早期に気がづけば、損切りする事ができます。

つまり、無駄な含み損を回避して、危機回避能力があれば、相場から逃げることができるのです。いつまで経っても損切りする事ができないのは、確かな情報を得ようと、欲張っているからであります。これは、完璧主義者によくあるパターンでもあります。

情報を知った後から、決済したとしても遅いのです。結果的に、大幅な含み損の位置でロスカットする。そのような、負のスパイラルに陥ってしまうのであります。

自分の許容範囲のリスクを受け入れる

投資において、儲けることは大切です。それは、資産運用の為に必要な考え方であり、正論であります。しかし、そのことよりも大切なことがあります。それが、損失に対するリスクに関して、受け入れる努力をしているかどうかです。

投資というのは、「儲かる」の背景に「損する」が付きまとっています。2つの出来事は、ペアになっているという事です。なので、両方の戦略を考えなければならないのです。

どうしても、利益追求が先行してしまい、儲けることだけを考えてしまう。そうすると、リスクの抜け穴が誕生してしまいます。そのような、投資の隙を外国人投資家は見逃しません。

個人投資家が、慌ててストップ「ロスカット」する位置を把握しているのです。心理的に不安定な価格帯が、何処の位置であるのか。もっとも、密集して売買する価格帯はどこなのか。

まるで、われわれ個人投資家の売買は、すべて見透かされているかのような、見事なチャートを作り上げていくのです。それは、チャートと出来高を見れば一目瞭然です。

とにかく原因が分からない状態でトレードする

原因が明らかになってから売買するのではなく、原因不明で模索しながら、現在進行形の価格だけについていく。これができるようになれば、収益は向上していくパターンに入ることができます。

なんでも、世界的な政治的、経済的情勢、地政学的リスクなど。すべてにおいて、明らかになった時点で、すでに価格は、動き終わっております。

投資は「数学」ではありません。むしろ、「スポーツ」に似たようなイメージで捉えてみてください。どうすれば確実な正解があるのか。その答えは、判らないような世界であります。

さて、こんな曖昧な投資の世界。とくに、日経225先物のマーケットというのは、かなり特殊であります。それでも、真剣に向き合って、必死にトレードする覚悟はあるでしょうか。