新規建玉のエントリー枚数はメンタル的なリスクに耐えられる程度にするべきである

nikkei225img-1214

日経225先物の投資において、largeで取引するのか、miniで取引するのか考えます。そして、建玉の枚数をどれくらいにすればよいのか。それは、自分自身の資金余力の範囲で決定すればよいわけであります。

当然の事ながら、余裕資金が多ければ建玉の枚数も増やすことができるわけです。そして、枚数が多ければ、その分の利益を向上することができます。

しかし、逆のことを考えれば、損失のリスクも大きくなっていくという事です。この2つの両局面は、ペアになっていることを理解しなければなりません。

だから、独りよがりで儲けることだけを最優先にしてしまうと、損失に対する危機回避能力も低下してしまうという事であります。そうなると、いざ損失の場面に遭遇すると対応に遅れてしまい、思わぬリスクを背負わされる可能性があるので注意が必要です。

とにかく、投資のというのは資産を増やすことが目的であります。そのためには、様々なデータのバックテストや、テクニカル指標を使って価格を分析したり検証したりするわけです。

データ的な研究なども必要になりますが、それよりも大切なことがメンタル的な部分であります。つまり、建玉の範囲を決定する時に、余力いっぱい、新規エントリーを考えない事が大切であります。

リスクを考えることは前向きである

常に利益を追求する事は大切です。なので、新規エントリーの位置に対して、ここからどれくらい儲けることができるのか。そのように考えるのは当然の事であります。

しかし、そのことよりも、どれくらい損する事になるのか。というリスクに対して、最優先に考える事も大切であるのです。

一見すると、新規エントリー前から損失になる事を考えている。これは、ネガティブな思考のように思いますが、そうではありません。

投資というのは、普段の社会的なルールや常識などが通用しない世界であります。なので、普段の社会的規範やルールを、投資に当てはめたとしても、通用するような世界ではないという事です。

投資の世界で「損失」に対して最優先に考えることは、もっとも大切な行動であります。リスクを受け入れることによって、心理的な負担を軽減する事にもつながります。

あくまでも余裕資金で投資に望まなければならない

例えば、100万円分の余裕資金が用意できたとします。そして、日経225ミニ先物1枚あたりの必要証拠金額が15万円程度だとします。限界ギリギリで、ミニ6枚程度を建てることができます。

もしも、ギャンブル的な思考や、儲けることを最優先に考えるタイプならば、フル建玉で、新規エントリーしてしまうかも知れません。しかし、余りにもハイリスクになってしまいます。

ただし、自分自身がリスクに耐えられる程度の強靭なメンタルを保持している。厳しい環境に耐えられるだけの忍耐が備わっているのであれば別のモノになります。

しかし、多くの個人投資家において、そのようなパワーは必要ではないのです。大切なのは、自分自身がリスクに耐えられる分の許容範囲を知ることです。

どれくらいの枚数であれば、日経225先物の投資に対しての負荷に耐えることができるのか。普段の、日常的な生活に支障がないことが大切なのであります。

もしも、プライベートな部分にまで支障を与えてしまう程、メンタル的なリスクを抱えて投資するようであれば、自分自身のリスク許容範囲を超えている証拠です。

焦ってトレードする必要はない

まさに、木を見て森を見ず。焦ってトレードしてしまえば、正気ではいられなくなります。そうなってしまえば、周りのノイズが気になってしまい、思うようなトレードができなくなってしまうのです。

そのようなときは、一旦トレードをストップする事をお勧めします。とりあえず、リセットして小休止する事も大切であるという事です。

相場はいつでもオープンしています。いつ参加しても良いわけです。相場の雰囲気に呑まれてしまって、自分自身を見失っている状態になるのであれば、敢えて相場を突き放して解放させる。そして、自分のメンタル面を解放させることも必要であるという事です。