新規建玉21875円 「買い」の理由と決済

11/15 23:43 21875 新規「買い」 

「買い」理由として

15(水)・東京セッションの午前中。13(月)の安値圏「22150円」辺りまで下落していました。正午を過ぎて、さらに22000円台まで下落していきました。そして、15(水)ロンドンセッションの時間帯。さらに、21850円から22000円辺りまで下落して、安値圏にて停滞しておりました。

日足チャートを見ると、価格は25日移動平均線を割れておりました。しかし、ここから下落するためには、ダウ平均CFD、為替ドル円などの下落など。その他の指標が一斉に下落しなければ、難しいであろうと判断しておりました。

そして、15(水)ニューヨークセッションの時間帯。価格がストップしている場面を、見計らってから、新規21875円「買い」エントリーしました。

当然の事ながら、何らかの要因によって下落する可能性も考えてエントリーしました。なので、ニューヨークセッションの時間帯。ここで、第一段階の利益確定が実行できなければ、一旦は手仕舞いするという覚悟を持って、新規「買い」に絞ってエントリーしました。

11/16 00:07 21975「+100」決済

新規建玉をホールドしてから、わずか25分程度。第一段階の、利益確定「+100」を確保する事ができました。これで、残りの建玉をホールドするという姿勢に変わりました。

あとは、どれくらい上昇していくのかは分かりませんが、現段階において、NYダウ平均株価、為替ドル円など。落ち着いているので、ここから大幅に下落する可能性は低いと考えております。

しかし、何らかの要因があれば、簡単に下落するような相場状況である。そのような出来事も想定しておりますので、リスク回避として「逆指値」の設定をして対応していきます。

追記

11/16 01:20 22125「+250」決済

わずか100分程度のホールドで、第二段階の利益確定「+250円」が約定しました。前回の利益確定よりも、はるかに上回る早さで約定することができました。それだけ、21850円~22000円辺りの「押し目買い」の場面。ここに買い出来高ボリュームが、かなり集中していたという事なのでしょう。

まだ、残りの建玉をホールドしております。このまま、新規21875円「買い」の位置。ここを割れるようなことがなければ、辛抱強くホールドして行こうと考えております。

追記

11/16 16:30 22475「+600」決済

新規21875円「買い」の建玉。ホールドしてから、およそ17時間が経過しました。東京セッションの寄付き22025円。そこから、大引けにかけて22410円まで一辺倒で上昇していきました。そのまま、イブニングセッションに持ち越したとしても、状況把握が難しいと判断したために、夕場・寄付き価格、22475円にて利益確定「+600円」を約定させました。

ここから、価格はぐんぐん上昇していくのかも知れません。しかし、わずか1日足らずのホールドによって「+100円」・「+250円」・「+600円」の利益を確保する事ができました。

ここまでくれば、ある程度の満足感が得られたので後悔はありません。引き続き、チャンスの場面が来れば、新規建玉のエントリーを考えております。