新規建玉22460円 「買い」の理由と決済

11/06 13:23 22460 新規「買い」 

「買い」理由として

11/06(月)東京セッション・寄付き価格は22640円でした。この時点で、すでに最高値を更新していました。午前中は、しばらく様子を伺っていました。すると、22500円辺りまで下落して行きました。

正午過ぎてから、価格は22430円まで下落して行きました。しかし、ここから下落することなく、むしろ、急に反発するような場面が見られました。出来高ボリュームも伴っておりました。

さらに、ダウ平均CFDは堅調であり、為替ドル円も114円台前半で堅調でした。その他の指標は悪くないと判断しました。そして、押し目買いチャンスと捉えて、22460円にて新規買いエントリーしました。

当然の事ながら再度下落していく可能性も想定しておりました。なので、東京セッションの大引けにかけて、利益確定できなければ、一旦はポジションを解消することも想定しておりました。

11/06 14:19 22560「+100」決済

わずか、60分程度のポジションホールドで「+100円」の利益確定を済ませました。結果的に、高値圏辺りで、利益確定売りに押されただけであったわけです。

現状は「利益確定分」+「含み利益ホールド」の状態です。まだ、残りの建玉をホールドしております。なので、東京セッション持ち越して、夜間セッションにおいて対応していきたいと考えております。

ここ最近の傾向としては、高値警戒感は懸念されながらも一旦は利益確定売りに押される。しかし、しばらくすると高値圏に戻して、抵抗線レジスタンスラインを上抜けていくパターンが見られます。

ここからどこまで上昇していくのか、それはまだ分かりません。しかし、高値圏であっても「買い」に絞って、利益を向上できる相場となっているわけです。

追記

11/07 11:06 22710「+250」決済

06(月)の正午過ぎ・新規建玉22460円「買い」。短期的な調整を終了させて、再度上昇してくれました。そして、07(火)東京セッションの午前中。第二段階のポイントである位置まで到達しましたので、22710円にて「逆指値」利益確定「+250円」済ませました。

およそ、1日ホールドした分が上昇トレンドに沿って、利益確定が出来ております。当然の事ながら、高値警戒感などを意識しております。そして、テクニカル指標は、ほとんど「売り」サインが発生しております。

しかし、一方向へ進むときは、市場のセンチメントを優先にして進んでいく。つまり、分析のツールが機能しなくなる場合もあるという事であります。

当然の事ながら、利益確定した後も、価格は上昇しております。なので、残りの建玉は、わずかになりますが、まだホールドしております。今後の対応をじっくり考えていきたいと思っております。

追記

11/09 09:12 23125「+665」決済

09(木)の東京セッション午前中。日経225先物の価格は、ようやく23000円を超えて行きました。ここから、新たな価格を生み出す可能性もある。そして、追加「買い」しました。新規建玉23025円「買い」を入れました。

なので、06(月)・22460円「買い」建玉の分。残りの建玉をホールドしておりましたので、23125円にて、利益確定「+665円」決済しました。これで、22460円のすべてのポジションを解消しております。

現在は、09(木)・新規建玉23025円「買い」の分だけホールドしております。それにしても、相場が慌ただしくてチャートの監視と、建玉の保有の利益確定などの選択に追われております。