損切りの「損失額」を埋めようと焦ってしまえばどんどん歯車は狂っていく

nikkei225img-1025

投資というのは、状況によっては心理戦となります。そして、「買い」と「売り」の攻防戦が繰り広げられる場面に遭遇する時があります。

これから先の価格は、節目を超えて上昇していくのか?それとも、高値警戒感から転換期を迎えて、下落していくのか?様々な仕掛けを推測しながら、上手にトレードしなければならないのであります。

そして、日経225先物の投資に参加すれば、必ずといってよい程「損切り」の場面に遭遇する事があります。これは、投資をする以上は仕方のないことであります。

もしも、独自のトレード方法が確立されて、しっかりとルールを守っているのであれば、損切りする行為に対して、厳格に判断することが出来る。つまり、ロスカットすることが出来ます。

しかし、自分自身の資金を、わずかでも減らしたくない。ロスカットすることで「損切り」する行為を認めたくないなど。一瞬の痛みを避けて通りたいという、勝手な欲望が先行してしまえば、一大事になってしまう可能性の方が高いのかも知れません。

さらに、注意しなければならない事があります。たとえ「損切り」が出来たとしても、その後のトレード戦略に影響を与えてしまうような行為に至る。これは、もっとも危険な行動であります。

つまり、損切りした部分を金額ベースに換算してしまい、すぐに取り戻そうとして焦ってしまう状態である。この心理的な状況に追い込まれた場合は、高確率で投資の歯車が狂っていく可能性が高いでしょう。

気持ちの切り替えができないまま市場に参加する

損切りすれば、資金は減ります。そして、資金が減っていけば、誰であっても落ち込むことはあるでしょう。損切りは、投資をする以上は、避けて通れない部分ではありますが、いつになっても、慣れるものでもありません。

そして、メンタル面でも大きな影響を与えてしまうのです。とてもポジティブな状態を維持できるような状況ではないという事であります。

そんな、不安定な状態のまま、再度マーケットに参加すればどうなることでしょうか。気持ちの整理がついていないのにもかかわらず、新規エントリーを繰り返すことになれば、外国人投資家のターゲットにされてしまうのは、時間の問題かも知れません。

相場の格言でもありますが、「休むも相場」。まさに、その通りであります。たとえ無理をして、新規エントリーする必要はあるのでしょうか。

もしも、そのように考えられることができれば、利益は向上することは出来ない。だけれども、これ以上の損失に対して、ストップすることが出来るのであります。

途転(ドテン)を考えてしまう

その時の状況にもよりますが、新規「買い」エントリーで損切りになったとします。ならば、トレンド方向が逆なのではないのか?そう考えるようになれば、反対に、新規「売り」エントリーしたくなるのです。

これが、途転(ドテン)をしたくなる理由の一つでもあるでしょう。一見すると、効率が良い戦略に思いますが、なかなか上手くはいかないのが現状であります。

何故ならば、今までの戦略方法を、一気に180度転換させて考えなければならないからです。ただでさえ、気持ちの整理がついていないのにも関わらず、すぐに戦略を立て直すことは難しい。

もしも、自分自身が相当のスキルを持っていたり、メンタル面が強くて芯が通っていれば別の話であります。

しかし、途転というのは、プロのディーラー達でさえ躊躇するくらい、高度なテクニックが要求されるのであります。それは、チャートを見れば一目瞭然であります。

「損切り」のあとに建玉を2倍、3倍に増やしてしまう

損失額を金額ベースで考えてしまうようになり、すぐに取り戻したい。とにかく手っ取り早く、資金を回復させたいと思うようになるでしょう。

そこで、最も早い回収方法は、建玉を倍増させることであります。単純に考えて、mini1枚に対して、100円のマイナスが発生したとします。

もしも、100円のマイナス分を取り戻そうとすれば、mini1ならば100円のプラスが必要です。しかし、それでは時間がかかってしまう。そうだ、建玉の量を2倍に増やして、mini2枚で50円のプラスで補填すればいいんだ。

当然の事ながら、計算方法はその通りであります。しかし、1回損切りの場面を経験したのにも関わらず、その思考回路のままの状態で、戦略を実行したらどうなるでしょうか。

再度、「損切り」の場面に遭遇してしまうのが関の山なのであります。つまり、マーケットに対して、都合よく考え過ぎてしまっているのが原因なのでしょう。

実は、この建玉を倍増させる計画。個人投資家が、1年以内に相場から撤退させれれてしまう要因の一つとなっております。

正気の状態に戻るまでひたすら待つべきである

トレードというのは、自分自身の自由や裁量が与えられております。どこで売買したとしても、建玉の量を増やしたとしても構いません。

しかし、いざ損切りの場面に遭遇すれば、ストップすることが出来るのは、本人しかできません。にもかかわらず、操縦不能の状態に陥ってしまえば、「万事休す」になること間違いありません。

人それぞれによって、投資に対しての心理的な影響の受け方。これは、千差万別です。「損切り」を体験した瞬間というのは、誰であっても後味が悪いモノです。

自分だったら、どれくらいの時間で正気の状態へ回復することができるのか。よく考えてみてください。そして、回復する状態が維持できるようになってから、再度マーケットに参加すればよいわけであります。