価格が停滞している時にホールドすると「損切り」になってしまう理由

nikkei225img-1017

日経225先物の価格というのは、常に変動しながら動き続けているわけです。そして、たまに「買い」と「売り」の出来高ボリュームもなく、動きがピタっと止まる時もあるわけです。

それが、停滞相場という時期であります。価格に需要がなくて、どちらにでも動かない。というよりも、むしろ動けない状態になる時があるのです。

そのように、価格が落ち着いている場面というのは、とても、新規建玉が建てやすいのです。何故ならば、価格が落ち着いているので、安心してエントリーできるシーンが演出されているからです。

しかし、いざ停滞相場の中で新規建玉をホールドすると、どうなるのでしょうか。日経225先物の価格が、落ちついているのにも関わらず、意外にも、切ら「損切り」されてしまう場面に遭遇する事が多いのです。

自分のポジションを巻き込んで上下に変動する

停滞相場の中で、どんな絶妙なタイミングで新規エントリーしたとしても、しばらく、まったりとした相場が継続する事でしょう。つまり、自分自身が新規参入したあとも、相場は動かない時間帯が継続するという事です。

すると、どうなるのでしょうか。価格というのは停滞しながらも、微妙に上下に行ったり来たりする。その状況の中に、自分自身の建玉があるのです。

だから、短期的に観測すると、数十円単位の「含み利益」と「含み損」の繰り返しが、何度となく行われるという事です。

・微妙に「含み利益」が発生した時点で、早く利食いしたくなってしまう

・微妙に「含み損」になってしまうと、すぐに損切りしたくなってしまう

両方の葛藤が天秤にかけられて、心理的な影響を与える。それが、停滞相場の特徴でもあります。なので、そんな状況の中で、「買い」と「売り」の新規建玉を建てたとします。

もしも停滞相場中に、どちらかのポジションを取ったとしても、堪え性がない場合は、必ずと言っていいほど、切ら「損切り」される方を選択するのです。

投資と心理の関係というのは、密接に関わりあっている。まさに、そういう場面に遭遇することになります。そして、心理的な部分の重要性を、改めて認識する事になるでしょう。

停滞相場に巻き込まれたら一旦ポジションを解消する

停滞相場になってしまうのは、自分自身のせいではありません。しかし、落ち着いた価格帯にてエントリーしたのは、明らかに自分自身の責任でもあります。

そして、ホールドした後にまったりとした相場が継続する。そのように相場を捉えたのであれば、いったんは建玉を解消して、ノーポジションの状態に戻した方が、賢明であります。

停滞相場というのは、いつかは終焉を迎えるわけです。しかし、いつになるのかは分かりません。それを、辛抱強く待つというのは、非常に時間と労力が奪われることになるでしょう。

ならば、これからのリスクを回避する。そのように察知することが出来れば、ポジションを解消しよう。そのように、省エネルギーの状態に戻せるわけですから。

本当は何もしなければ何も起きなかったのに後悔する

投機や相場マーケットというのは、参加しなければ何も起きません。実際に、新規エントリーしてから、収益を向上させることができたり、損失になったりするわけです。

ただし、余りにもたくさん参加し過ぎてしまえば、リターンのチャンスも増えますが、リスクの場面に遭遇する回数が、格段に増えるという事です。

トレードにおいて大切なことは、自分自身の資産を減らさない事が、まず大前提であります。にも関わらず、エントリーの無駄打ちが多ければ、どんどん損失が重なっていくことでしょう。

相場の波に上手に乗ることが出来なければ、それだけリスクが訪れるのです。つまり、停滞相場が継続している期間。結果的に何もしなかった方が、資産を減らさずに済んだのかも知れません。

これから、チャートを眺めてエントリーする時に考えてみてください。目の前のチャートが停滞している場合は、チャンスではなく「リスク」の場面であるかも知れません。