損失のリスクを限定する事によって心理的な悪い影響を抑える

nikkei225img-1003

日経225先物というマーケットは、本当に難しい市場なのであります。つまり、簡単に利益を追求できるような市場ではないという事なのです。

それは、投資においてすべてのマーケットに言えることなのでしょう。だから、個人投資家の多くは、「損失」になってしまう。最終的には、資金が底を尽きてしまい、相場から撤退させられてしまう。なんて事にもなり兼ねません。

しかし、マーケットにおいては、日々それが現実に起こっているのであります。つねに個人投資家は、劣勢に立たされながら、収益を向上させなければならないのです。

最初は、利益を追求しようと考えて投資に望んだわけです。にもかかわらず、どうして、いつの間に大損失になってしまっているのでしょうか?

余力いっぱいに建玉を建てようとする

まずは、多くの問題点として資金管理を怠っているのでしょう。そして、新規建玉を建てるときに、余力いっぱいに建てているという事です。

現在、日経225先物1枚辺りの最低維持証拠金は、約100万円から150万円程度でしょう。mini1枚であれば、約10万~15万円程度であります。

そこから、価格は変動するわけですから、更に十分な余裕資金を上回って、しっかりと資金管理を計算しなければなりません。

だけれども、その余裕資金さえも用意せずに、ギリギリの資金でエントリーしてしまう。これでは、窮地に立たされた場面が来たら、一発で切らされてしまいます。

デイトレード目線で先物指数にチャレンジしている

個人投資家の多くは、とにかく早く利益を追求したい。損失は早めに避けておきたい。そう考えた場合、もっとも最適なトレード方法はデイトレードである。そのように思うでしょう。

デイトレードであれば、セッションを跨がずに、その時の場面で決済すれば、リスク回避できる。そして、少しずつでも利益を数十円単位で積み重ねていけば、月単位で考えれば大きな利益に繋がる。

でも、実際はどうでしょうか?利益を積み重ねられるどころか、損失ばかりが積み重なってしまう。いつの間にか、自分自身が設定した損失分岐点を、とっくに超えてしまっている。

なんて事にもなり兼ねません。確かに、デイトレードで収益を向上させている個人投資家はいらっしゃいます。特に、為替取引のFXを専門にされている方など。

ただし、余程の徹底したメンタル面の管理。厳格な資金管理。そして、冷静な判断をしながらも、ときには勢いも兼ね備えているなど。他人よりも優れている特性を生かせられる方であれば、デイトレードで収益を開花させられるのかも知れません。

でも、多くの個人投資家は、このゾーンに当てはまらないのが現実であります。そして、そもそも日経225先物の投資においては、デイトレードは向いていない市場なのであります。

FX取引と比べて、ボラティリティや出来高ボリュームも少ないです。かつ、値動きが極端ではありません。

自分自身のトレード欠点を記録する

自分自身が計画した戦略に基づいてトレードするわけです。もしも、損失になってしまった場合は、自分自身にトレード欠点があることを認めなければなりません。

そして、人間というのは同じことを何度も繰り返してしまうのです。特に、相場の世界においては、何度も同じ場面でミスをしてしまいます。

まず、何が原因でトレードミスをしたのか?1回ごとに、新規建玉を建てた位置。利益確定の位置。損切り場面の位置など。確認してみてください。

そして、その時の心理的な状況も綴っておくと良いでしょう。実際に活字にて過去のトレードを記録しておくと、あのとき何が起きていたのか?原因を追究することができるのです。

自分自身の悪い癖を改善する必要がある

そして、人それぞれにおいて、「トレードの悪い癖」というものが必ず見つかります。まずは収益を改善させる以前に、悪い癖を改善する努力をしなければなりません。

そうしなければ、何度も同じことを繰り返してしまうからです。トレード記録というのは、自分自身が納得できる範囲で更新すればよいのです。

自分のトレード方法を、客観的な視点から見ることが出来て有効的な手段であります。だいたい、当てはまるケースとして、「損切りライン」が曖昧である。もしくは、「含み損」から逃げたいという逃避する癖がついてしまって、損失を放置してしまうなど。

よくあるパターンでもありますので、もう一度、「心理的な部分」と「損失」になってしまう原因を追究してみると良いでしょう。