新規建玉20450円 「買い」の理由

10/03 01:59 20450 新規「買い」

「買い」理由として

ようやく、レンジブレイクの節目であった20450円。ロンドンセッションから監視しておりました。そして、ニューヨークセッションに入って01:59分。予め設定していた20450円「買い」が約定しました。

この時点で、ダウ平均株価、ナスダック総合指数、S&P500など。史上最高値を更新していきました。とても、状況としては申し分のない状態でした。更に、日経225ミニ先物も最高値を更新するような雰囲気でした。

そして、「売り方」不在の状況であると判断したために、新規エントリーに至ったとという事です。もしも、大幅な下落や突発的な利益確定「売り」に押されても良いように、逆指値にてロスカットの位置も設定しておりました。

10/03 11:04 20550 「+100」決済

東京セッションにまで跨いで様子を見て正解でした。米国市場が堅調でありましたので、そのまま下落することなく、価格を引きついてくれるだろうという事も考慮しておりました。

ただし、東京セッションの寄付きから、午前10時辺りまでは20450円辺りで推移しておりました。なので、もしかしたら午後になって、利益確定に売り押されて、切らされてしまうのではないか?という事も考慮しておりました。

そうなった場合は、一旦ポジションの調整も考えておりました。しかし、午前10時を過ぎてから、ようやく上昇し始めて、「+100円」(^◇^)利益を確保できました。

残りの建玉は、上昇する事も考慮してまだホールドしております。なので、このまま様子を見て対応していきたいと考えております。

追記

10/06 02:17 20685 「+235」決済

10/06 02:17 20685 「+235」決済

これで、すべてのポジションを解消しました。今回は、03(火)夜間セッション。20450円「買い」建玉をホールドしておりました。そこから、3日間。およそ72時間以上もホールドしておりました。

理想としては、20700円にて決済したかったわけです。しかし、まだ時間がかかるかも知れない。そして、06(金)21:30は、米雇用統計の発表が控えている。そのことも考慮して、決済に踏み切りました。

結果的に、(+100円)・(+235円)・(+235円)で合計収支が570円です。わずか、1回のスイングトレード方法。ホールド期間はおよそ3日間。今回は、時間軸を味方につけたトレードでした。

それでは、動画をご覧ください。⇒

20450円「買い」新規建玉の動画もご覧ください。