損切りの重要性を知れば日経225先物で収益を向上させられる

c722438242d4d97a0fe301974ee677d3_s

損切りは投資において重要な判断です。頭の思考では損切りを理解しているのに、その場面に遭遇すると行動できない。そんな事ってありませんか?

日経225先物取引の市場において、的確な損切りを身に付けずに参加してしまうと大損失になり兼ねません。そうなると難局を示すトレードに挑戦しなければならでしょう。

そうならない為にも的確な損切りは身につけておかなけなりません。ここでは、一旦は損切りをしてマイナス収支になったとしても、長期的には収益を出し続ける事ができるにはどうしたらよいかをまとめてみました。

なぜ損切りができないのか?

どうして損切りができないかと言われると、それは損を出したくないからです。せっかくの資金を減らすようなトレードしている個人投資家なんて誰もいません。

日経225先物の投資に挑戦して収益を出していこうと考えている訳ですから。にもかかわらず収益を出していこうと考えるほど余計に損失になってしまう。トレード回数が多いせいかも。

基本的に日経225先物というのは、3ヵ月毎【3月、6月、9月、12月の第二金曜日】のSQ値で決済しなければなりません。つまり3ヶ月以内のスパンでゆっくりと売買していく市場なのです。

これが一見すると短いスパンのように思います。しかし多くの個人投資家は、3ヶ月以内に何度も売買を繰り返しているのが現状です。中には1日で売買して収益を出していこうとするデイトレード目線の個人投資家もいます。

それで毎月の利益を出している方もいらっしゃいます。しかしデイトレード手法は、素人投資家では難しく、外国人投資家や大手ディーラーのプロが取り入れている手法です。

彼らは、情報量も豊富で建玉の量も違います。そして専門的なトレードチームを組んで売買しています。しかも高性能のトレード機器を取り揃えて投資に望んでいます。

つまり準備段階から投資の決済終了までの仕組みが完璧なんです。すべての行動が適う相手ではありません。そのような外国人投資家や大手ディーラーでさえ、時々は損失を出してしまうのですから、デイトレードは余程難しいのです。

感情的になってしまい相場の流れについていけない

これは日経225先物だけに限りません。投資に参加している個人投資家たちに共通する悩みであります。自分が予測した建玉というのは、自信がありますね。相場の流れを自分なりに納得して考えて判断したわけです。

にもかかわらず逆の方向にいってしまった。しかもなぜ逆の方向に向かったのかわからない。ここから感情がブレはじめます。「もしかしたら一時的な下落なのかもしれないし、時間が経過すれば元の位置に戻るだろう」と都合のいいように考えてしまう。

そう考えていたらどんどん下落していく。冷静になった時には大きく損切りしている。しばらくすると元の位置まで上昇してV字回復してきた。

それどころか、あの時に損切りせずにホールドしていたらプラスに転換していた。それを踏まえて次のトレード手法を変更してしまう。これが負の連鎖の始まりです。

感情をコントロールしようと努力してしまう

冷静になって相場に感情を入れないで!ということを聞いたことがありますが、それは無理な内容です。そもそも投資の世界というのは、人間の感情を揺さぶる仕組みになっていますから心の動きを制御することができません。

それは予想外の出来事が起きれば起きるほど増加していきます。大手ディーラーや外国人投資家でさえ、時々は感情のブレによってミスすることだってある訳ですから。

無理に感情をコントロールしようとすること事態が、難しい挑戦になってしまいます。人間の心の動きはごく自然の動きですから、自分を受け入れることが大切です。

それと同時にこう思い込むことが大切です。【予想している方向から、相場の動きが逆方向にいってしまって、損失してしまうのは自然な事である】と。

自分を責めてトレードしてはいけません。ミスの部分だけ反省してもトレードには生かされないのです。成功した手法だけを情報として取り集めるようにしてください。

常識的な方や社会的地位にある方から利益を奪われる

これは投資に限ったことです。長い期間で社会人として精通していた方や常識的な人間であるほど損失していく可能性が高いです。

なぜかというと、そもそも投資の世界は常識的なことは通用しない世界なのです。社会的な思いやりや協力的な助け合いの組織にいればいるほど、それが理解できないのは当然です。

そして教科書通りのトレードをしているのは個人投資家だけです。25日移動平均線のゴールデンクロスで買い、デットクロスで売っていては資金がいくらあっても足りません。

大手証券会社の凄腕ディーラーがいる世界である

日経225先物の市場は個人投資家だけではなく、国内や海外の有名な証券ディーラーが参加しているのです。その市場の中であなたが売買していることを忘れてはいけません。

この市場に挑戦するという事は、外国人投資家の容赦のない売買攻防や仕掛けにあうわけです。その流れに逆らうことなく、ついて行くことが大切です。

パソコンを、デスクに置いて座ってトレードしていると分かりませんが、その市場の中には、凄腕のプロフェッショナルな機関投資家が参加していることを忘れてはいけません。

相場の逆方向に、エントリーしている可能性がある

相場は大きく上昇したり下落したり、停滞もします。時には大きく乱高下しますが、時には小さく小刻みに動く。それの繰り返しです。現在の価格から、どちらの方向へ動き出すのかを予測してトレードしなければなりません。

5分足チャートで見ると上昇トレンドであるが、日足チャートで見ると下落トレンドである。

逆のパターンもあります。

5分足チャートで見ると下落トレンドであるが、日足チャートで見ると上昇トレンドである。

・目先は、上昇するかのように見えて、実は、戻り売りの場面である。

・目先は、下落するかのように見えて、実は、買い戻しの場面である。

中期的な方向性を間違えていると、損切りばかりしてしまいます。結局損切りをしたあとに元の位置まで戻ってくることなんてしょっちゅうあること。もしも、このようなケースが多い個人投資家は、方向性を間違えているという事を認識しなければなりません。

損切りの値幅があまりにも小さい

現在の方向性が上昇しているのか下落しているのか、それとも保ち合いなのか。方向性の判断は間違っていないにも関わらず、瞬間的な場面で損切りしてしまった。

これは損切りの値幅をあまりに小さく設定し過ぎているのでしょう。最近の日経225先物は、日中でもナイトセッションでも500円以上の値幅で動くことなんてザラにあります。

にもかかわらず損切りの値幅を30~50円辺りに設定していては一向に改善されません。今の状況ではエントリーした価格に対して30~50円動くのはブレの範囲だと考えています。

例えば上昇してる場面で順張りで買いエントリーします。エントリーしてから、しばらくすると50円下がってきたので損切りする。そうしたら結局は上昇していってしまった。

方向性は合っているからプラスの収支で終わっていたはずなのに、結局は途中のブレた下落に迷ってしまいすぐに損切りしてしまう。

売買指示を出しているのは自分自身なのですから、すべてエントリーから決済まで責任を持ってトレードしなければなりません。

逆指値を設定する

2016-07-13 21-01-05

日々トレード売買していると、思わぬ状況で価格が上昇したり下落したりする時があります。2016年4月28日(金)、正午過ぎに日銀金融政策決定会合の発表がありました。

正午12時00分、日経225先物の価格は16500円辺り。発表後わずか5分間で15500円まで下落しました。約5分間で日経225先物は1000円近く下落したのです。

もしも買い建玉をホールドしていたらどうなったでしょうか?そして損切りの位置を決めずにチャートを眺めていたら?考えただけでもゾッとしますね。

相場はどのような方向に行くのかは解りません。政治や経済などの時事的情報によっても大きく乱高下する時があります。

そのような状況に巻き込まれずに回避したい場合は、逆指値を設定しておきます。ちなみに逆指値はエントリーする前の段階から決めておきます。つまり自動的に損切りできるように設定しておきます。

これは非常に大切です。まさかの出来事を考えず利益確定の位置だけ考えていると、逆の方向に値動きが推移した場合に慌ててしまい損切りができなくなってしまいます。

塩漬けしてしまったり損切りが遅れて100円以上離れたところで大幅損切りするのが目に見えております。ほんの一瞬の小さな痛みに耐える事が次につながるトレードになります。

まとめ

いかがでしたか?少しの工夫次第で、損切りする手法は身につけられます。現在、毎月の収支がマイナスになっているのであれば上記の内容にあてはまるモノがあれば改めてください。

あと相場を少しお休みして考えてみてはいかがでしょうか?相場は逃げたりはしません。いつでもチャンスはあります。