個人投資家がロスカットする位置に待ち構えているのは外国人投資家たちである

nikkei225img-0919

日経225先物の投資において、一番大切なことは「儲けること」なのであります。つまり、どんなに検証や研究を繰り返して、様々なテクニカル分析を用いたとしても、収益を向上させることが出来なければ、それは、正しい投資方法ではない。そういう事なのであります。

例えば、普段の社会的な生活において「儲けること」に関して、あからさまに告知することは、あまり良い印象を受けないでしょう。

個人事業であっても法人であっても、顧客サービスを追求している商売であれば、まずは、利益追求よりも、顧客満足度を優先にするからであります。

しかし、投資に関しては、まったく別の問題です。誰であっても、利益を追求することは大切です。人と対峙しているわけではなく、価格や数値などと対峙しているからです。それこそが、投資の本質であるという事です。

それでは、なぜ利益を追求しているのにもかかわらず、個人投資家のほとんどは、結果的に損失に追われてしまうのでしょうか?

あまりに儲けたいという欲望が強すぎる

日経225先物の投資においては、利益を追求することは大切であります。そのために、ある程度の時間と労力を費やして、チャートの値動きを確認したり、追跡しているわけです。

ただし、利益を追求するあまりに、損失のことなど考えていないケースが多いのであります。例えば、自分の理想価格に到達したので、新規建玉のエントリーを実行します。

その時に、「どの辺りに利食いラインを設定すればよいか?」に関しては、詳細に設定するでしょう。しかし、「どの辺りに損切りラインを設定すればよいか?」に関しては、あまり詳細に設定しないのであります。

つまり、リスクの許容範囲を、明確に設定しないで投資に挑戦する。その甘すぎる行為が、最終的に、「負のスパイラス」へ陥る可能性が高いのであります。

欲望というのは無限大に浮き出てきます。その欲望だけを優先してしまうと、自分の都合の良い方へ考えてしまい、トレードと向き合う事が出来なくなってしまう場合もあります。

まず、欲望のまえに自分を制御する力が必要であるという事です。なので、新規建玉エントリーの時、「損切り」ラインを最優先に考えておかなければならないという事であります。

いち早く現実の社会とトレードの世界のギャップに気づくべき

トレードにおいて、いち早く損失になってしまう方というのは、残念ながら社会的地位がある方や、現実的な社会において成功している方たちである。とは、どういう事なのでしょうか?

まず、社会的な空間において、事業を成功させている方というのは、経営ノウハウや人格などを含めて、とても優れているからこそ、成功する事が可能なのでしょう。

しかし、現実的な社会的空間と、トレードの世界においては、あまり共通するモノがないのであります。そこに、気づかなければ一向に収益を向上させることが出来ません。

現実的な世界では、能力が問われます。トレードの世界では、感覚が問われます。つまり、ある部分においては、スポーツをする理論と類似したジャンルなのであります。

まず、勝つことを考えた時に、公式戦であれば対戦者において手加減はしないはずです。そこには、人間の理性を機能させずに、感情に働きかけて行動するわけです。

現実的な社会での成功法は、トレードの世界では通用しない事が多いのです。このギャップに気がついて、改善することができなければ、いつになっても損失ばかりが増えていくのかも知れません。

外国人投資家の存在をあまり認識していない

世の中には、たくさんの価値観を持った方が、トレードに参加しております。しかし、PCの画面やスマホにて取引をしているために、誰が参加しているのか?なんて、あまり考えないかも知れません。

ただしトレードする以上は、日本だけではなく世界中の方々が、参加していることを忘れてはいけません。その中には、ゴールドマンサックス証券、クレディスイス証券など。大手のヘッジファンドディーラーたちが、あなたと同じ土俵に立って参加しているのであります。

なので、十分な注意を払いながら、マーケットに参加しなければならないでしょう。そして、彼らが、現在のチャートを形成していると言っても過言ではありません。

チャートを見れば分かるのですが、様々な場面において仕掛けするのです。つまり、個人投資家が、一気にストップ「損切り」する位置を把握して、反対売買を仕掛けたりします。

とにかく相場の流れに逆らわない事が大切である

マーケットに参加する以上は、自分自身の考え方を当てはめる。という事よりも、相場の雰囲気や流れに対して、順応するスキルの方が、大切になってくるのでしょう。

個人投資家として、チャートを動かそうとするのは、建玉の量や環境などを考えれば不可能に近いのであります。

まず、ストップにハマらない為には、損切りラインを明確に設定する必要があります。もしも、損切りが約定したとしても、それは仕方のないことである。そのように、気持ちを切り替える作業なども必要なのです。