日経225先物の指数取引において何度も繰り返してトレードする事が必要である。そうすれば、傾向、特徴、タイミングが理解できるようになる。

nikkei225img-0911

日経225先物の投資において、実践を重ねながらトレード方法を、試行錯誤する事は大切であります。その時に、何度が損失になってしまう場面に遭遇するかも知れません。

ただし、相場において損失になってしまうのは、仕方のないことであります。何故ならば、マーケットというのは、自分の都合の良いタイミングで動いてくれないからです。

マーケットや市場を変動させているのは、われわれ個人投資家たちではなく、外国人投資家や中央銀行のヘッジファンドディーラーたちなのです。

かれらの建玉は、相当な数量であるという事です。そして、巧妙な手法によって、様々な場面において、売買の仕掛けをするのであります。

その時に、注意しなければならない事があります。それは、彼らが作り上げるチャートの値動きに対して、決して逆らわないことです。どういう事かといいますと、例えば、価格がV字回復で、反発しているような状態であるのにも関わらず、「売り」で仕掛けてみたり。

ブレイクアウトして、価格がぐんぐん上昇しているのにも関わらず、勝手に、天井を狙いに行って「売り」を仕掛けてみたり。など。様々な場面において、彼らに抵抗してしまうことは、無駄打ちに終わってしまう可能性が高いのであります。

何度も同じ場面に遭遇するときがある

逆のことを考えますと、外国人投資家たちが作り上げるチャートというのは、ある周期を観測る事で、何度も同じトレンドを繰り返すという事に気が付きます。それは、長い年月のチャートを見れば、一目瞭然です。

例えば、持ち合い相場のトレンド状態の時など。いったん、抵抗線レジスタンスラインを作り上げたら、価格がブレイクアウトするような仕草を見せかけて、レンジ内に戻して、結局は収まるケース。

支持線サポートラインを作り上げたら、ブレイクダウンするような仕草を見せかけて、価格を反発させて、最終的にはレンジ内に、価格を戻してくるとか。

上昇トレンド中に、頭打ちとして天井の場面なのではないか?と、詮索するようなところで、再度上昇させたりするケースも良くあります。

下落トレンド中に、反発するような反転サインを出しながら、大底のチャンスになる。しかし、価格はどんどん安値を更新していき、下落トレンドが継続中であったりとか。

一見すると、複雑のように感じるかも知れませんが、周りのノイズに騙されずに、過去のチャートを何度も閲覧してみてください。

何度か、同じパターンによって、チャートが形成されているという特徴に気が付くかもしれません。つまり、価格の値動きや、マーケットの癖を理解できるようになるという事です。

60分足チャートや5分足チャートなど。短いターンのチャートもありますが、全体的な背景を確認するためには、あまりにも短すぎるのであります。

その時に、日足チャートを見ることをお勧めしております。長い月日のチャートを観測するには、日足チャートは最適であります。そして、意外と素直な値動きをしていることに気がづくようになるでしょう。

大衆心理の逆の立場になって売買タイミングを図る

まず、日経225先物の投資をするためには、様々な外部的な要因が関わっていることも、理解しなければなりません。

現在進行形で、何が起きているのか?瞬時に把握するためには、メディア・テレビ・新聞など。これらを閲覧すれば、正確な情報をキャッチする事ができるでしょう。

しかし、大切なのは、それらの情報を鵜呑みにして「売買」しない事が大切です。何故ならば、彼らは情報伝達のプロであり、投資の世界のプロではないからです。

例えば、円高リスク、世界的な経済的、政治的問題。世の中に起こり得るであろう、地政学的リスクの問題など。あまりにもネガティブな情報が流出した瞬間は、マーケットの値動きに影響を与えます。

しかし、それは一過性に終わることがほとんどなのです。一時的に、大衆の心理が揺れ動くわけなのですが、そう長くは継続しない事がほとんどなのであります。

ポジティブなサプライズがあったときも、同じパターンになるでしょう。つまり、場面にもよりますが、情報に流されて、素直に「順張り」をしてしまうと、結果的に天井の場面で「買い」仕掛けをしてみたり、大底の場面で「売り」仕掛けてみたりするのであります。

少数の心理をつかみ取らなければならない

誰かが損失を出している場面では、誰かが利益を向上させています。それが、ゼロサムゲームなんです。指数先物の市場というのは、そういうマーケットである事も理解しなればなりません。

そして、たくさんの個人投資家の「損失」を、少数の外国人投資家たちが「利益」として分け合っているのでしょう。だから、常に少数の意見に対しても、耳を傾けていなければならないのであります。

そうしなければ、一向に収益が改善されないどころか、同じパターンに何度も引っかかってしまうのが、関の山なのでしょう。

マーケットの全体的な特徴として、外国人投資家たちの存在を忘れない事であります。彼らは、投資のプロであります。マーケットの感情を、上手に利用して、巧妙な仕掛けをします。

それに、引っかからずに、受け入れるためには、大衆の心理から脱出する。そのような決断と勇気が必要であることも、相場の世界では大切なのでしょう。