本当の新規エントリーポイントというのは、最初に設定した「損切り」ポイントにあるのかも知れない・ロスカットポイントこそが真実のエントリーポイントである

nikkei225img-0829

自分自身で考えた売買方法において、新規建玉のエントリーポイントが訪れたとします。つまり、エントリーチャンスです。新規建玉の枚数をどれくらいにするのか?損切りラインの位置をどこに設定するのか?など戦略を考えます。

そして、利食いラインをどの辺りに設定するのか?など。とにかく、自分自身が納得する範囲で明確に設定していきます。

そして、いざ新規建玉のエントリーラインに到達したので、ポジションをホールドしました。しばらくして、価格が停滞している状況が続いておりましたが、利食い出来るような価格帯でもある。

しかし突然に、価格は自分自身の推測している方向とは、まったく逆の方へ行ってしまいました。そして、いつの間にか「損切り」ラインまで到達してしまい、あっさりとロスカット範囲に来てしまった。

結局ロスカットしたところ、その時点が底値となってしまい、時間の経過とともにV字回復していったのであります。

まるで、自分自身の売買ポイントが見透かされているかのような、外国人投資家たちが見事なチャートを作り上げていきました。

実は、日経225先物の投資において、このような出来事というのは、よく起こり得るパターンなのであります。それでは何故、そのような出来事が、自分自身だけに起こってしまうのでしょうか?

キリの良い数値に「損切り」ラインを設定してしまう

例えば、日経225先物の価格を、新規19500円「買い」エントリーしたとします。その時に、キリのよい数値に「損切り」ラインを設定してしまう方が多いのであります。

例えば、この場面から推測すると、19400円とか19250円辺りにロスカットポイントを設定するという事です。

そして、個人投資家の多くは、キリの良い数値が大好きなのです。なぜならば、単純に収支の計算方法が簡単であるし、もしも損切りしたとしても、どれだけ損失になってしまうのか?というのが、視覚的に分かりやすいからでしょう。

しかし、このキリが良い数値こそ、マーケットの落とし穴なのかも知れません。というのも、このような位置やポジションにおいては、もっとも外国人投資家やプロのディーラーに狙われやすい位置なのであります。

個人投資家が慌てて決済するような位置。その他に000・250・500円など。サポート&レジスタンスライン、分かりやすい節目の位置など。とても狙われやすく、反対売買が行われやすい位置だという事を理解しなければなりません。

「含み損」をホールドしている時間帯に耐えられない

新規建玉のエントリーポジションにてホールドした場合は、しばらくは含み損の時間帯が続きます。なぜならば、どんなに絶妙なタイミングでエントリーしたとしても、自分自身のポジションが底値で買えたり、天井で売れたりすることは、とても難しいからであります。

つまり、エントリーしたあとには、ある程度の含み損の時間帯が継続して、そこから収益を向上させるという事を理解しなければならないでしょう。

なので、ポジションを保有⇒許容範囲の含み損が発生⇒同値辺りまで回復⇒含み益に変わる。このような流れが発生して、初めて利益確定することができるのであります。

すべて、先回りして利食いすることはできないという事なのです。損失が先行して、利益があとから追い抜いてくる為に、どうしても忍耐力がない個人投資家は、もっともつらい瞬間を乗り越えることができずに、結局は損切り決済してしまうのであります。

もう少し我慢すれば理想の価格でエントリーできたかも知れない

あまりにも、収益を向上させようとする意識が先行してしまい、一段上にエントリーポイントを置いてしまうと、結局はストップ「損切り」ポイントまで到達してしまう事があるかも知れません。

そういう時は、自分自身が設定したストップ「損切り」ポイントを、エントリーポイントとして考えるという事も、リスク回避するための手段であるのかも知れません。

もちろん、そのような設定に変更した場合は、一向にエントリーラインに到達しないかもしれません。ただし、リスクを回避できた事を考えれば、とても有効的な投資方法と言えるでしょう。

外国人投資家や中央銀行のヘッジファンドディーラーなどは、個人投資家の売買動向を熟知しております。どこで買うのか?どこで売るのか?損切りラインはどの辺りなのか?とか。

自分の都合が良い方へ、日経225先物の指数価格を決めてしまうのは、非常にリスクが伴います。キリがよい位置はとても狙われやすいので、サポート&レジスタンスライン、節目などから、少しだけ位置をずらすだけで、トレード方法を改善することができるでしょう。