なぜ損切りして損失を膨らませてまでも日経225先物トレードをするのか?

日経225先物取引トレードというのは、一見簡単そうに見えます。

・売りか?
・買いか?
・見送りか?

この3つがトレードの基本だからです。

初心者の方は、トレードに恐怖心がないためにエントリーに積極的です。
利益が上がると、とても心地よい気分になります。こんな簡単にも
利益が得られるのか?という錯覚に陥ってしまう時期があります。

これがビギナーズラックです。不安の心理が排除されているので、
投資に対してリラックスしてトレードできるのです。

しかし、最終的には、自分の建玉と余力をすべて日経225先物市場に
お金を奪われる時代に陥るケースが多いです。
大切なのは、この日経225先物市場で長く生き残る事に尽きます。

なぜトレードをするのか?そのように質問すると、
きっかけや動機があまりにも曖昧な人が多いのです。

日経225先物としては、収益を大幅に向上させるチャンスはあります。
お金を得ることができれば、時間も自由に使うことができます。

トレーディングというのは、とても魅力的です。人間の探究心を刺激する行為であります。
それは一見ギャンブルのような市場と同じ好奇心をもたらすと言っても過言ではありません。

そして、トレーディングは損失というリスクを顧みない人たちを引きつけて、
リスクをしっかりと回避している人たちを遠ざける市場です。

常にリスクにさらされながらトレードをするわけですから、
生活は規則正しいモノとは言いません。

そして、日常に起こる出来事や常識が通用しません。
つまり社会的地位にある方や常識的な方など。
まず最初に、外国人投資家のターゲットになります。

こんなことを言っていると、日経225先物取引を
推奨しているようには思えないと感じる方も多いことでしょう。

しかし、それだけリスクがあるということも頭に入れておいてください。
そのリスクや我慢の対価として収益のリターンがあるのです。

損切りというのは、トレーディング中は切っても切れない関係です。
必ず起こりうる出来事なのです。大切なのはその心構えです。

・エントリー前に損失の位置を確認してますか?
・かならず逆指値を設定していますか?
・利益よりも損失のことを考えていますか?

これを踏まえてトレードに臨むだけで、だいぶ変わってきます。
日経225先物市場では、有名なゴールドマンサックス証券や、
有名なディーラーが居ることを忘れないでください。

彼らの、予想もつかない仕掛けをするのが得意ですから。
その仕掛けに逆らってしまうと、いくら資金があっても足りません。